バトルROワイアル@Wiki 124


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

124.燻ぶる火種


思い出の名前はアリス。
親友だった。
唇を硬く引き結ぶ。顔は上を向く。
悲しみ漏らさぬよう。涙零さぬよう。
彼女の装束は黒。夜明けの赤にも、空の青にも染まらない気高い色。
宵闇の中、静かにたゆたい、夢の安らぎを導く優しい色。
その漆黒の戦装束に、涙は一粒だって似合わない。
手には、中程からぽっきりと折れた剣。
剣と言うよりは、大振りの鉈。
構わない。目的は遂げられるだろう。
管理者は、斃す。けれど、その前にしなければならないことが。
だから寄り道をして、歩く事にしよう。
一人で、折れた剣を手に道を往こう。
管理者を斃す為ではなく、参加者の誰かを殺す。
そんな復讐の旅に、道連れはいらない。
逆毛の助祭も、少し間の抜けた錬金術師も。
彼女は、親友を殺した者を決して許さない。
それは大切な、日常(パズル)の欠片。
二度と、そこに嵌るピースは無く。
ピースの欠けた日常の図版は、もう完全では在り得ない。
──或いは、完全で無くなった時点で、彼女の日常は死に絶え。
師は、血騎士候は私を叱るだろうか。
だから、黒衣の騎士は己に問う。
騎士は、誰かを、何かを守るからこそ騎士足り得る。
ならば、守ることを棄てた私は。
既に、騎士ではない。
それでも構うまい。
黒い復讐者は、己に言う。
血は、所詮血でしか購う事はできはしない。
けれど、何処か寂しげな笑みを浮かべ。
そして──私は所詮、人ではない。
「これ以上は…ついてくるな、人間」
鉈を手に、背を向けて歩き出す。
何事か、二人は喋っている。しかし、耳に入れない。
「殺さなければならない者が出来た」
それは、きっと彼等にとっては道に外れる事だから。
「恩のあるお前達まで、巻き込む訳にはいかない」
けれど、背中の気配は消えなくて。
「冗談言わないでくださいよ…泣きそうな声で肩を震わせてるような女の子、一人で往かせちゃ男の名折れっす」
「うはwwwwokkkkkkwwww」
そんな事を、言う。
「……馬鹿者」
もう騎士で無くなった彼女は彼等を止める事が出来なくて。
「此処に来た時点で自棄っぱち。何処まででも付き合いますよ」
道を自ら違えた錬金術師は一言彼女にそう言った。
火種は、ぱちぱちと音を立てて燻り始めていた。


<深淵の騎士 アリスの復讐を誓う>

戻る 目次 進む
123 目次 125
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|