バトルROワイアル@Wiki 002


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

002.青箱1ヶ、空ける


 青々としげる森の中。僕は、一人その中で座り込んでいた。
 …いや、緊張から開放されてへたり込んでいる、と言った方が正しいのかもしれなかった。
 黄色い助祭の法服の下には、じっとりと嫌な汗がにじんでいる。
 神よ。どうして、貴方は僕にこの様な試練を貸すのですか?
 胸の内で、自らの信じる神へと疑問を投げてみる。
 だが、勿論答えは返らない。そもそも、その神様の御使いが、彼の置かれている状況を作っているのだから、どうしようもない。
 僕は、余り敬虔な信徒ではないけれど、それでも人並みには、信仰に励んできた筈なのに。
 そこまで考えたところで、♂アコライトは自分の思考を打ち切った。
 というか、これ以上考えていると、なんとなく泣きそうな気分になりそうだったので、やめた。

「どうしようか…」

 あたりでは、もう殺し合いが始まっているのかもしれなかった。
 視界は僅か10M先も真っ黒い木々に覆われて、確かめる術は彼にはないのだけれど。
 けれど、その中に、自分を狙う誰かの影が見えたような錯覚を覚えた。
 …ふと、冷静になる。
 そして、どうしようもない周囲の事は、取り敢えずは棚上げにすることにした。
 それから、先ほど秋菜と名乗っていた女性の言葉を、ゆっくりと思い出す。

『またー、皆さんには、ゲームを始めるに当たって、食料、赤ぽ、地図、それから特製容器入りの物品二点入りの袋が与えられまーす』

 闇ポタで飛ばされる前、何時もの荷物の変わりに与えられた大きい鞄を持ち上げてみる。
 なるほど。この中に、あの女性の言う物が入っているのだろう。
 だが…言葉に従ってその蓋を開けてやるのが、どうしようもなく癪だった。
 名前も知らぬ♀ノービス。あの無残な死に様が、脳裏にフラッシュバックする。
 僕は、この中に入っている物で、他の人達をあんな風に殺してまわるのだろうか?
 …その答えは、でない。出るはずもない。
 僕は、聖職者だ。たとえ見習いでも。神に見放されていたとしても。
 けれど、同時に一人の人間であり、男でもあった。心残りなど、腐るほどある。
 二つの気持ちが、正反対の方向に、僕を引っ張りつづけている。
 けれど、なんにせよ、まずは生き延びなければならなかった。
 この場所に抜け出る、少なくともそのチャンスを得るためには、それしか道が無い。重い浮かばない。
 震える手で、鞄を開く。
 赤ポーションと、いくらかの保存食、上質紙に刷られた地図と…青く古い箱が二つ。

「と、特製容器…って、青箱のこと?」

 一瞬、『ゼロピー一個、獲得』という文字が脳裏を掠める。
 しかし、まさか、いくらなんでも本物ではあるまい。
 殺し合いをさせたいなら、そんな不確実な手段をとるはずが無い。
 ゼロピーなど、一体何の役に立つというのか。
 その証拠に、二つの箱は、その大きさが異なっていた。

「小さいつづらと大きいつづら…欲張り者が馬鹿を見る、か。
でも、どっちも空けるしかないんだよなぁ…」

 二つを地面に並べ、しげしげとそれを見つめる。
 こんこん、と叩いたり、振ってみたり。
 勿論、それぞれの行動に大した意味は無い。

 …けれども、この二つの箱は、これから先の僕の行き先を、大きく決める事になるだろう。

「…よし」
 誰に言うでもなく、呟き、唾を飲み込む。
 そして、大きな青箱に、手をかけた。
 …決して欲望からではなく、きっとサイズ的に、こちらの方が役に立つものが入っているだろう、という判断からだ。
 そう。決して、変な気持ちがあるわけではない。
 何となく邪な思考に偏りながら、ゆっくりと、その箱を開いていく。

『逆毛一個、獲得』

 大きな箱の代わりに残されたのは、堂々と天を突く赤毛の逆毛(頭に被るカツラの様なもの。人間ではない)。
 現実は、僕の想像の遥か斜め上を華麗にスッ飛んでいた。


<♂アコライト 逆毛一個、獲得 もう一つの中身は不明>

<残り48名>


戻る 目次 進む
001 目次 003
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|