バトルROワイアル@Wiki 003


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

003.嘘付きは商人の始まり


 薄暗い森の中を、一人の少女が走っていた。
 長いスカートと、首からかけた大きなズタ袋。♀商人であった。

 彼女は、走る。時折、枯れ枝を踏み折るパキリ、という音を聞きながら。
 草を書き分け、時には足に擦り傷を作りながらも。

 木々の隙間に、彼女は白い外套の端を見た。
 ぱっ、と安堵したような表情を作る。目を潤ませ、鼻をぐずつかせる。
 そう、それはまるで、誰かに助けを請う幼子の様に。

「たぁすけてぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

 叫ぶ。出来るだけ、哀れみを請う様に。
 白い外套の主…♂ハンターが、こちらを向き、驚いた様に動きを止めていた。

 それめがけて、更に走り…そのすこし前で、木の根に足を引っ掛けて、転ぶ。
 …彼女は、狩人が自分のほうに急いで近づいてくる音を聞いていた。

「おいっ、大丈夫か!?」

「だ、大丈夫ですぅ…痛たたた…」

 うずくまった、まーちゃんが見上げると、そこには心配そうに彼女を見ている、狩人の姿。
 鞄を肩から掛け、手に武器は無い。

「もー、服が埃だらけ…どろどろですぅ」
 立ち上がり、ぱんぱんと、衣服を払う。
 それから、はっ、とした様にハンターに対して向き直った。
 まるで、小動物が見せるような、行動に見えた。

「ははは…」

 思わず、その様子にハンターは笑っていた。
 笑われて、商人はきょとんとした風に、男を見る。

「…?」

「ははは…っと、お嬢ちゃん笑ったりしてごめんな」

「お兄さんには、まーちゃんが、そうみえるですか?」

 商人は、言う。

「ああ」

「そうですか…」

 狩人の問いに、商人は答える。
 不意に、狩人は、そんな彼女に違和感を覚えた。
 理由は、わからなかったが。

 彼は、自らの前に居る幼さを色濃く残した少女を見つめる。その目じりには、薄らとにじむ涙。
 気のせいだろう。男は、自分に言い聞かせる。

 こんな状況で、おかしくならない方がずっとおかしい。
 そして、彼は、少女から、視線をずらした。

「あの…お兄さん」

「…?」

「……」

 ふわ、と男は自分にもたれかかる、余りにも軽い体重を感じていた。
 その正体は、すぐにわかった。♀商人が、顔を狩人の胸に体を預けるようにして抱きついていたから。

「え…あ…う」

 これまで、まるで縁が無かった女の子の感触。内心の高まりを、隠すことが出来ず。
 そして、抱きついた商人は、冷静に、その音の高まりを聞いていた。
 どくん、どくん。音が聞こえる。それは、致命的なタイミングを知らせる、鐘の音だった。

「死んでね。私は、生き残りたいの」

「えっ…?」

 狩人は、その言葉の意味を理解できなかった。
 その代わりに感じたのは、熱。何処からかかなんて判らない。
 けれど、それは熱い、熱い、命を溶かし込んだ赤い水の熱だ。

 びくん、と男の体が跳ねる。しかし、商人の腕は、しっかりと抱きしめたまま、彼を離そうとしない。
 男はもがき…しかし、生まれてこの方、弓ばかり扱ってきたその腕は、余りにもその作業にはむいていなかった。

 ああ。そうか。
 狩人は、徐々に暗くなる視界の中で悟った。

 こんな状況で、おかしくならないほうが、ずっとおかしいのだ。

 ただ、自分と商人との間で、その方向にズレがあっただけで。
 自分も、彼女も、おかしくなっていたんだ。

 そして、黒が、彼の世界を支配した。


<♂ハンター死亡>

<残り49名>

戻る 目次 進む
002 目次 004
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|