バトルROワイアル@Wiki 144


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

144.花婿と花嫁~二人は永久に


 大聖堂。
 少ないけれど、親しい顔馴染み達に囲まれながら、二人は見詰め合っていた。
 幸せな花嫁と花婿。赤い絨毯の道を進み、拍手の細波に身をゆだね。
 男は、仕事着から不恰好な晴れ着に。
 女は、純白のウェディングドレスに身を包み。

 彼の豆だらけの手は、白く薄い長手袋越しに優しく手を握り。
 彼女の空いた手は、何時ものチェインを素朴なブーケに持ち替えて。

『貴方は、永久に新婦を愛する事を誓いますか?』

──誓います。

『貴方は、永久に新郎を愛する事を誓いますか?』

──誓います。

『それでは、誓いの口付けを貴方達二人を、死が分かつまで、その幸せが続かんことを』

 細波が、喝采に変わる。
 ヴェールに包まれた彼女の頬は、リンゴの様に真っ赤になっていて。
 白い薄布を押し分け、いまだかつて、誰も触れていない唇を見ている彼も又、リンゴみたいで。

──馬鹿。早くしてよ。

──あ、ああ。すまない。

 照れて、中々口付けもしようとしない二人に、周囲ははやし立てる様に声をあげ。
 教会の神父は、苦笑いしながら、余りに純朴なその夫婦を眺めていて。

 嗚呼。もし、もしも。そんなささやかな幸せが手に入れられていたら、どれ程嬉しかったことだろう。
 幸せだった二人の舞台は、夢想から現実へと転落する。


「あ゛、あ゛あ゛あ゛っ!! あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーーっ!!」
 悪鬼の如く、髪を振り乱しながら、女は包丁を男に突き立てていた。
 何度も、何度も。
 肩に。胸に。顔に。腕に。
 刺して、刺して、刺し捲くった。

 けれど。

「……」
 男は、平然と女を見ていた。力が込められた腕は、ぶるぶると震えている。
 血は、一滴も流れていない。只、包丁が突き刺さる度、泣いている様に、ロングコートが揺らめくのみ。
 男は、斧を振り上げかけて、止まっていた。

「どうして!?どうして一緒になってくれないのよぉぉぉっ!!馬鹿!!絶対許さない!!
絶対、一緒にしてやるんだからぁぁぁぁぁぁっ!!!」
 終には、突き刺しながら泣き叫ぶ。一滴の正気も残ってはいない。
 彼女の前には、従わない現実と、抗えない事実と、一人の狂人があるばかりだった。

「!!? うげぅふっ!!?」
 男が、真横に腕を振る。まともに顔面を殴られ、女が呻きながら横転した。
 地面に突っ込み、泥だらけになる。
 …そういえば、雨が降っていた。空は、どんよりと薄暗い。

「どうしてよ…どうして…」
 体を起す。雨が、彼と彼女の体を濡らす。
 立ち上がる。吹き飛ばされた時、手にしていた包丁は何処かに弾かれていた。
 けれども、手に獲物は無くとも彼女は彼に歩み寄る。

「どうして、何もしないのよぉぉっ!! どうして殺してくれないのよ!!
そんな価値も無いっていうのっ!? そんなの…」
 頬も、既に雨の雫に濡れそぼっていて。
 歩み寄った女は、叫びながらも男の胸を握り拳で打つ。

 嗚呼。黒い黒い思考に囚われたまま。
 いや、囚われたからこそ、彼女は何の外聞も無く、想いを吐き出し続ける。

「好きだったのに。ずっと好きだったのに。どうして、何も答えてもくれないのよぉぉっ!!」

 いや、或いは。
 女は、狂ったのではなかったのかも知れない。
 狂った様に振舞うことで、楽になろうとしたのやも。

 幼子の様に、男にすがり付いて女は哀哭する。
 涙は、雨に紛れて消え。叫びも又、雨音に殺されていく。

 男は、血濡れの斧を振り上げていた。

「あ…」
 女は、男の胸でその光景を見上げていた。惚けた様な顔。
 そこからは、何時の間にか浮かべていた狂相は綺麗に抜け落ちていた。

「ころ…す…ころ…ころ…」
 男が、呟く。

「ころ…すきだ…す…こ…おれも…ろす…おおまえのことががが」

 剛。
 雨音さえも叩き殺して、轟音が一度響いた。

「だいすき だった」

 黒い衝動は、それさえも埋め尽くしていく。
 塗りつぶしていく。殺せ。殺せ。殺しつくせ。そんな声が、脳の中を。
 男が男だった最後のひとかけらは、暖かい雨になって、頬を流れ落ち。

 そして、どちゃり、と重い塊が地面に落ちる音が響いていた。


──馬鹿。下手糞ね。

──すまない。初めてなんだ…

 ヴェールをめくり、口付けを終えた二人はそんな言葉を投げあう。
 そして、彼女と彼は。

──それじゃあ、もう一度、だな

──!! ば、馬鹿っ…んぷっ

 幸せな舞台の中で、二度目のキスを交わしていた。
 それは二度と訪れない、幸せな風景だった。


 男は、しゃがみ込んでいた。
 斧を使い、ぎりぎりと何かを切り取っている。
 丁度、西瓜くらいの大きさのそれを綺麗に切り取り終えると、彼は鞄の中に収めた。

 立ち上がる。その顔は、変わらぬ…いや、より酷く歪んだ顔。
 泣こうとして泣けない、引きつった異様な形相。
 完全に破綻した表情だ。

 再び、歩き出す。
 何か忘れた気がして、少し荷物が重くなった気がしたけれども、男はそれが何かわからなかった。
 けれども、死が二人を分かつまで、彼と彼女は一緒に居るのだろう。

 後に残されたのは、首から上の無い、斜めに体を断ち割られた♀ブラックスミスの亡骸だけだった。


<♀ブラックスミス死亡>
<♂スミ 再び徘徊開始。 バックの中には、♀スミの生首>
<残り20名>

戻る 目次 進む
143 目次 145
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|