バトルROワイアル@Wiki 152


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

152.筆談


モンスターに年端も行かない少女、悪漢に聖騎士に弓手…
その奇妙な一団と♀セージ一行は今、焚き火を囲んで焼き魚を食べていた

「つまり、ゲームに乗っているわけじゃない。そういうことだな?」
「ああ、そう取ってもらって構わない」

♀クルセの問に♀セージが答える

「じゃあ、なんでこんなところに来た?此処から先には禁止区域しか無いぞ」
「正確な地理がわからなかったのでな、適当に歩いたらここに出た」

♀クルセに変わり問いかけてきた♂ローグに♀セージはそう答えながら地面に木の棒で文字を書いた
『この会話はGMに盗聴されている、自分達は首輪を無効化するために動いている、協力してくれる仲間を求めて此処に来た』と

「なるほどな、三人も居ながらそんなことになるたぁよっぽどマヌケだな」
「ああ、まったくだ」

『首輪の解析は道中でほぼ終了している、これから書くものが必要だ
必要なもの:プリーストまたはアコライト(確実性を求めるならプリースト)、ブルージェムストーンかエンペリウム(魔術のサクリファイスに使用、エンペリウムなら一個で4人は解除可)、魔術使い(魔力制御に必要)
あれば確実なもの:呪いのアイテム(呪いを別の呪いで使い断ち切る)、信じる心と勇気(首輪を外せる、と信じること)』

「だがこれで納得してもらえたか?」
「ああ、大体な。しかしまあ疑問も残るわけだが」

『そんなモノが上手く支給品にあると思うか?』
『呪いの武器は♀WIZが確認している。幸いゲフェンはまだ禁止区域ではない。これから取りに行く』
『迷いの森はどうやって抜けるつもりだ?適当に歩くつもりか?』
『そこの♀WIZが道順は記憶している。心配は無用だ』

「ま、愚にも突かねえ些細な疑問だから聞くのは止めておくか」
『最後に一つ、お前達は信頼出来るか?』

「ああ、そうしてくれると助かる」
『書いただろう?必要なのは信じる心だ、と』

そこまで書いて、♀セージと♂ローグは互いの顔を見合いにやりと笑った

『OK、青ジェムならそこのクルセが3つだけ持ってる。持って行け』
『感謝する。あと、子供達の休憩が終われば出来る限り早く此処から離れた方がいい。出口を詰められてはせっかくの命が無駄になるからな』

「ちょ、だれがこども…むがっ」

横から文を見てつい声に出しかけた♀アチャの口を慌てて手で塞ぐ♀クルセ

「さて、それでは夕餉も馳走になったことだし行くとするか。どうやらあまり信用されていないようだからな」
『あまり大人数で動くのも残ったゲームに乗っているヤツらに見つかれば一網打尽になる危険性がある。分かれて行動したほうがいいだろう』

「どうやら前衛が居ない様だな…よし、聖騎士として私が付いて行ってやろう」
『私は、こいつらに着いて行く。それがこのゲームを終わらせる最良の手だと思う』

「♂ローグ……お前は、私の変わりにみんなを守ってくれ」
「げ、なんでオレが…」

拒否しようとしたところを♀クルセにじっと見られて♂ローグは

「……柄じゃねえが乗りかかった船だ、こうなったら最後まで引き受けてやるよ」

結局、諦めたようなため息と「こんなのオレのキャラじゃなかったはずなんだがな」という苦笑と共に引き受けた

「放送の時にお前達の名前が流れないよう気をつけるんだな」
『また、絶対に生きて会おう』

「はっ、そりゃこっちのセリフだ」
『出来れば、そうしたいところだ』

「じゃあな、悪漢」
「あばよ、知識バカ」

『『死ぬんじゃないぞ』』


<♀セージ、♀WIZ、♂アチャ、♀クルセ、ゲフェンへ向けて移動開始>
<♂ローグ、アラームたん、♀アチャ、アラーム&アチャの休憩後移動開始>
<時間は放送ちょっと前>

戻る 目次 進む
151 目次 153
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|