バトルROワイアル@Wiki 052


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

052.鬼ごっこ


走り出した♂クルセを、♀ローグはすぐには追わないでいた。
全力で逃げてゆく後姿が親指大になるまで放っておいて、それから尾行を開始する。
♀ローグの目は獣じみて鋭い。口元には笑み。明らかに♂クルセを再び捕らえる事を楽しんでいるのだ。
まるで一度捕らえた獲物を無理に放し、もてあそぶ獣のように。

「どこまで逃げる気ー?」

走りながら、前方の♂クルセに向かって問いかける。
相手が遊び疲れてしまえば、そのときは―――。
そんなことを考え、心を躍らせながら。


♂クルセにとって、この状況は悪夢そのものだった。
こちらの攻撃は通用しない。クルセイダーの防御スキルも、まだ完成していない。
ペコペコや盾さえあれば、あるいは活路が見出されたのかもしれないが。


逃げる♂クルセの目前に、小ぢんまりした林と、高い崖が立ちはだかる。
振り返ると、♀ローグの姿はすぐ近くまで迫ってきていた。絶体絶命だ。

「さぁ、鬼ごっこは終わりだよボウヤ」

意外にも穏やかな笑みを浮かべ、♀ローグがゆっくりと近づいてくる。
♂クルセは構える。無抵抗で殺されるのは癪だ。

「そう来なくっちゃ」

まずは一撃。
それは、♀ローグのほうから繰り出された。
♂クルセの腕をダマスカスが切り裂く。
背後だけは取られまいと、♂クルセは素手で抵抗を続ける。
こちらの攻撃はことごとく避けられ、当たったと思っても、所詮は素手。
全く意に介さないといった様子で、♀ローグはクルセの隙を狙い続ける。
その刃は彼の体に徐々に傷を増やしてゆくが、プレートがあるため、致命傷までは至らなかった。
このまま耐えて、隙を突きもう一度逃げるか―――。
♂クルセが、そう思ったときだった。

「ストリップアーマー」

今まで体を覆い致命傷を避けていたプレートが、一瞬でその重量を失う。

「・・・なっ・・・」

思わず声を上げる♂クルセ。
背後を見ると、そこには満面の笑みを浮かべた♀ローグ。 

「お疲れ様」 

その言葉と同時に、♂クルセの背中に冷たい衝撃が走った。
がくんと膝を折り、前のめりに倒れこむ。
スローモーションのように薄れ行く意識の中で、彼は思い描いた。
転職を終え、これからめきめきと力をつけて行く筈だった、自分の姿を。 
その顔に一筋、涙が伝ったのを見、♀ローグは一瞬だけ笑みを消した。


<♂クルセ死亡>
<♀ローグ ダマスカス1個、小箱(未開封)1個、プレート1個、ロザリオ1個、赤P食料>

<残り40名>


戻る 目次 進む
051 目次 053
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|