バトルROワイアル@Wiki 005

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

005.決意


荒涼とした砂漠の中、一陣の砂埃と共に、漆黒の影が走っていた。

気がつくと彼はここにいた。
奇しくもそこは彼の生まれ故郷に酷似していた。
しばらくの間、彼はただ呆然と立ちすくんだ。
頭が混乱して、耳の奥がぐわんぐわんと鳴り響いていた。

GM秋菜と名乗る女が説明したルールはひどく胸糞悪いものだった。

ゲーム自体は殺しを生業とする彼にとって決して不利なものではない。
名前も知らない哀れな♀ノービスの死も、彼には見慣れた光景だった。
ただ、彼は嫌だったのだ。
ギルドの依頼でもなく、何かよく分からないものに乗せられて
納得できないままに他人を殺めるのが。

どう、すればいいのだろう。
このゲームに乗るか、反るか。


決めかねて困惑した彼の脳裏にふっと浮かんだのは、青髪の♀プリーストだった。

まだ彼が駆け出しだったころ、無理をしてタートルアイランドに単身渡ったことがあった。
FLEEは十分足りているから観光なら十分可能だと高をくくっていた。
しかし、島に着いて程なくして彼は自分の甘さを思い知った。
巨大トンボの群れに襲われたのだ。
当時の彼のレベルでは、切っ先を当てることすら難しかった。
加えて囲まれているため攻撃を満足にかわすことも出来なかった。
あっという間に白ポーションを使いきり、彼は死を覚悟した。
その時。
温かな光が彼を包んだ。
瞬時に傷が癒え、体が軽くなり、感覚が研ぎ澄まされた。
驚いて目を走らせると、一人の女司祭が微笑んでいた。
流れるような美しい青髪の少女。
彼女は彼がトンボを倒しきるまで支援を続けてくれた。
そのおかげで、彼はその場を乗り切ることが出来たのだ。


始まりの部屋で彼が見たのは、確かにあの少女だった。
あまりに急な展開で話しかけることすら出来なかったけれど、
彼女は今どうしているだろうか。
無事にいるだろうか・・・。

彼女を、守りたい。
反射的に彼は思った。
守りたい。今度は自分が恩を返す番だ。


彼は走り出した。
どこに行けばよいのかはわからない。
でも必ず見つけ出す。あの少女を。
そして命の限り守ろう。この命は彼女に救われたものなのだから。


<♂アサシン 獲得物不明>

戻る 目次 進む
004 目次 006
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|