バトルROワイアル@Wiki 057


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

057.宴は続く



―ルーンミッドガッツ王国某所― 

若いGM♀が豪華な部屋に息を切らせながら駆け込んできた。
そして息を整えた後偉そうな男に対しこう言った。

「GM秋菜と♂GMがどこかに消えた模様です。
そして所々に闇ポータルと記憶改竄の後が見受けられます。どうしますか?」

偉そうな男はGM♀の方すら見ないでこう返す

「奴は例の遊びをまだ行っているのか・・・
放っておけ、我々はただGravityからの指示に従っていればいいのだよ。」
「遊び?」
「ああ、彼女は人間達を集めて殺し合わせてそれを楽しんでいると聞いた。
他の目的があるのかは知らないが、悪趣味である事に変わりは無いな・・・」
「そんな事止めさせないと・・・!!」
「彼女の情報操作は万全だ。連れて行かれた者達は『元からいなかった事』に
されている。誰からの苦情もこないし悲しむものもいない。」
「それでもそんな事やっていいわけないじゃないですかっ!!」

♀GMの声には明らかな非難が込められていた。しかし、偉そうな男は変わらない口調で

「・・・君は若いな。命を賭けて知らない人間を助けたところで君の何になる?
しかも助けられると言う確証も無い。助けに行く者は無駄死にするかもしれないんだぞ?」

と言う。それでも♀GMは折れない。

「それでも私は・・・これを許せません・・・」

ここでやっと偉そうな男は♀GMの方を見た。

「彼女のいる空間に私たちは行けない。止められるのは彼女がこの空間に戻ってきた時だ。
そのときに説得でもすればいい。今は違う事でも考えていてくれ。」

「・・・」

♀GMは黙った後自分の部屋に戻った。



戻る 目次 進む
056 目次 058
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|