バトルROワイアル@Wiki 068

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

068.状況が違えば或いは



(やれやれ、まいったな…)

♀剣士は戸惑っていた

その気配を察したか♂ノービスが心配そうに見つめている

「どうしたんですか?師匠」

戸惑いの原因はこれである

「なあ少年、その『師匠』というのは止めてくれないか?」

あまりにもあまりすぎてこそばゆいのだ

無論♂ノービスからすれば生きる術を学びとる数少ない相手なので

『師匠』の呼称はあながち間違いではないが

「だったら師匠もボクを『少年』と呼ぶのは止めてください」

思わぬ反撃に♀剣士はキョトンとした顔になる

「…ぷっ、はははは。それは無理な相談だ私は君を『少年』としか評することはできない」

「でしたらボクも貴女の事は『師匠』と呼ぶ他ありません」

「ならば譲歩するしかないようだな」

「そうですね」

そして二人は一頻笑った

そう、仲の良い姉弟の様に



<♀剣士&♂ノービス 現状変わらず、移動中>


戻る 目次 進む
067 目次 069
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|