バトルROワイアル@Wiki 074

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

074.悪夢



訳が分からない。


地にへたり込んだまま、♀BSは呆然と前を眺めていた。

いや、正確には目の前に存在する男。

―――斧を携えた♂BSの姿を見ていた。



事の経緯は少し前にさかのぼる。

山小屋を出た♀BSは、当てもなく♂BSを探して歩き回っていた。

その途中、偶然森の近くを歩いている時に、地響きのような音を聞いたのだった。

人がいる。そう思った瞬間、♀BSは森の中へ走り出した。

ゲームに乗った人間がいる可能性はあったが、そう近づかなければ逃げることも十分可能だと思ったし、何より♂BSがいるかもしれないという可能性を捨てきれなかった。


そして、辿り着いた先で彼女が見たものは………


(あの人だ!!)


見間違いではなかった。

あの髪、あの顔立ち。少々遠目ではあったが、憧れ、密かに焦がれてさえいた彼を、彼女が見間違えるはずは無かった。

ただ一つ、何かが違うとすれば。

いつも感じていた優しげな雰囲気を、今日は纏っていない事ぐらい………。


「♂BSさん!」


半ば叫ぶように彼の名を呼ぶと、彼女は走り出した。

彼に会えた。ただその嬉しさだけが胸に広がっていて。

今ここで殺し合いをさせられている事なんてすっかり消えていた。


「………」


ゆらり―――と、♂BSは彼女に目を向けた。

その目に正気の光が無いことなど、彼女は気づかなかった。

動きはあくまでゆっくりと。しかしその腕にだけは人にあるまじき力が込められ。

♂BSは血濡れの斧を振り下ろした。


ズガッ………!!


鈍い音が彼女の耳に届いた。

地を強烈に打ち据える刃の音。

彼女を真っ二つに断ち切るはずだったそれは、幸運にも前髪数本だけを連れ、地に刺さっていた。


「ぁ………え………?」


彼女の思考は完全に止まっていた。

何故彼が自分を斬ろうとしたのか。

自分は生きているのか。

何もかも理解できない。

ただ、彼が自分を殺そうとしたという事実だけが、頭の中をグルグルと回っていた。




「………?」


彼の中には何の感慨も無かった。

何故外れたのか。

何故目の前の獲物を見ると心が騒ぐのか。



―――分からない。

考えるのも面倒だった。

―――殺せば済む。



結論はそれだ。

殺せ。

ただ一つの、単純にして明快な真理。

もう一度、彼は斧を持ち上げた。



あの人が、斧を持ち上げている。

心には何も浮かんでこない。

恐怖も、悲しみも、何もかも。

先の一閃が、彼女を全てを刈り取ったかの様に。

そして何の抵抗も無いまま。

斧が振り下ろされ、彼女の命をも刈り取る………。



―――筈だった。



キィィィンッ!!

甲高い金属音が、辺りに響き渡る。

青い長い髪が、彼の姿の代わりに♀BSの視界に広がった。

「大の男が戦意の無い女性に斬りかかるとは………恥を知れ!!」

一声叫んで♂BSの斧を弾き返す。

間一髪二人の間に入り込んだのは、♀クルセイダーであった。



<♂BS、♀BS、♀クルセ遭遇 所持品変化なし>

戻る 目次 進む
073 目次 075
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|