バトルROワイアル@Wiki 075

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

075.エスケープ



(………勝てないな)



一撃受け止めただけで、♀クルセイダーは率直にそう思った。

♀BSが襲われるのを見て即座に助けに入ってしまったが、無謀だったかもしれない。

腕には重い痺れが残っており、♂BSの斬撃の威力を物語っていた。

相手はオーラなのに加えてブラッドアックスを持っている。対してこちらは、今にも折れそうなナイフ。

不利だった。途方も無いほどに。



(かくなる上は………)

ちらりと、横目で♀BSを見やる。

まだ座り込んだままだが、外傷は特に無いようだ。

走ることぐらいはできるだろう。

ナイフで牽制しながら、じりじりと後退する。

♀BSのもとまで下がると、腕を引いて立ち上がらせた。

「…良いか、合図したら全力で走れ。その後生き残れたら………アルデバランの旅館で会おう」

小声で♀BSに伝える。

それと同時に、手の中に少量の砂を握った。

こういう手は好きではないが、なりふり構っていられる状況ではない。

まだ心ここにあらずといった感じの♀BSであったが、言われたことは理解したらしく、小さくうなずいた。



「………殺す」

♂BSが間合いを縮め………



「―――走れっ!!」

刹那、三人が三様に動き出した。

走り出す♀BS。

斧を横に構え、一跳躍で詰めた♂BSが射程に♀クルセイダーを捉える。

そして♀クルセイダーは手の中の砂を♂BSの顔面に投げつけた。


「………っ!!」

♂BSが一瞬怯む。

その隙を逃さず、♀クルセイダーはバックステップで間合いを取る。

視界を奪われた♂BSは斧を滅茶苦茶に振り回したが、それがクルセイダーに当たることは無かった。


(これなら………)

逃げ切れる。そう確信して彼女は振り返った。

しかし―――。


「なっ!?」

かなりの距離を離したはずのBSの姿が、小さくながらも見えたのだ。

しかもそれは、だんだんと近づいてくる。

(しくじった!!)

ブラッドアックスの移動速度増加という効果を、すっかり失念していたのだ。

(………くっ)

逃げ切るのは無理。

瞬時に彼女はそう判断した。

アルデバランに向けていた進路を、逆に取る。

戦うしかなかった。たとえ勝ち目が薄くとも。



<♂BS、♀クルセ 戦闘準備 廃坑方面へ 所持品変化なし>

<♀BS アルデバランへ 所持品変化なし>

戻る 目次 進む
074 目次 076
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|