バトルROワイアル@Wiki 082


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

082.戯言



「ねぇ…暇だし、ちょっと聞いてもいい?」

「ん、何? 俺に答えれる事だったらいいぜ。
そんかし、終わったら直ぐ寝ろよ?夜、見張りがあるんだから」

 闇の中、♀シーフが言う。襲撃に備えて、火を焚いて居ない為に、相手の
姿は見えない。

 夜の間は、交代で見張りをする事になっているのだが…いかんせん、まだ
時刻が早い。

 七時くらいだろうか。本当ならば少しでも早く眠っておいた方がいいのだ
ろうが、そう思うとおりには物事は中々進まぬものだ。

「確か…全ての職に知り合いが居るっていってたよね?」

「げっ…聞こえてたのか」

 少し、ばつの悪そうな声が帰ってくる。

「聞こえてたよ。残念だったね」

 今度からは口に出さないように気をつけよう、と闇の向こうの声は言う。

 それはともかく、とシーフは返した。

「あのさ、君、一体どういう事してたの? 聞くのは野暮かもしれないけど…
なんていうか、妙に気になる」

「俺? 俺か…」

 声は、しばし考え込む様に黙った。

「しいて言うなら、学生かな? ほら、冒険者の学校みたいなのあるだろ? 
そこに通ってた」

「ふぅん。意外と箱入りなんだね」

 少女はふふん、と笑う。

「笑うなよ…あんたは通ってなかったのか?」

「普通は通わないね。つーか、金持ちのボンボンが行くところっしょ、そう
いうの」

「…キツいお言葉で」

 流石にむっ、とした様な声。

 しかし、それには構わず、シーフは続ける。

「アタシなんかは孤児で、その日暮らし。乞食よりはまだ食ってけるってん
で冒険者になったクチだから。
正直、アンタみたいな奴が羨ましいやら妬ましいやらでね…いいなぁ、アタ
シもここに来る前に行ってみたかったなぁ」

 数秒の間、それから返事が返る。

「通えるだろ」

 返事は、その様に言う。

「馬鹿言わないでよ…こんな場所に来ちゃったんだし…」

 しかし、闇の向こうの相手は、その言葉を遮って続ける。

「通える。絶対に此処から帰って…通える様になる」

 その言葉は、力強い。

「馬鹿ね。帰れるのは一人じゃない」

「う…」

 だが恐らくは、そこまでは考えていなかったのだろう。返事が止まる。

「まぁ、判った事もあるし、このへんで許してあげるよ」

「何だよ…俺が学生って事か?」

「そう。それと、おそらく、その知り合いってのは女の子だろうっ、てこと
かな。
じゃないと、そんな殺し文句、自然に出てこないよ。そんじゃ約束どうり、
アタシは寝るからね」

 言うだけ行って、シーフは目を瞑る。

「……」

 残された夜の闇には、ただ沈黙だけが、わだかまっていた。



<ときラグ主人公&♀シーフ 交代で見張りをしながら夜に>

戻る 目次 進む
081 目次 083
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|