バトルROワイアル@Wiki 087

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

087.DOPEL



…二人は、何処に行ったのだろう。

結局、しばらくしても姿を顕すことのなかった少女達の事を、

♂剣士はぼうっ、と考えていた。

既に、時刻は夕闇を孕み始めている。

黄昏の世界は、何処までも金色だ。



 見捨てられたか。それとも二人の身に何かがあったのか。

 或いは、他の何かか。

 判断の基準は、ようとして知れない。

 判らない。全てが。何もかもが。



それは、その何かは。

自分の知らない何者かは、自分にも牙を向けているのかもしれない。

恐ろしい。恐ろしい。此処に居る事が。歩き始める事が。人を知る事が。そう、全てが。

恐怖は伝染し、恐怖は汚染し、恐怖は拡大する。



あるいは、♂剣士はその時既に狂い始めていたのだろう。

それ故に彼は、夕日に染まる平原にその幻想を見た。



「…ぼくが、いる」



彼が、彼の前に居た。

黄昏を背負った『彼』は、体を影のヴェールで包んでいる。



 それはもう一人の自分。

 それは同じ姿を取る者。

 それは主に成り代わる者。

 それは手に巨剣を握る鏡像。

 それは…ゲフェンの魔王。



 その幻想は、こう呼ばれる。

 即ち、ドッペルゲンガーと。



 <♂剣士 SAN値下落中(狂気に蝕まれ始めてる) DOPと遭遇。>

戻る 目次 進む
086 目次 088
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|