バトルROワイアル@Wiki 090


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

090.其(ソレ)を思ふ曲~序、夜の帳



さて。此処よりは一つの詩。

とある夜長に、とある箱庭で開かれたる演目で御座います。

さあさあ。しかと御一見。再上演は御座いません。

今、ここでしか見られぬ詩を、どうか楽しんで下さいませ。

しからば、この道化めは、皆様の為。笑って幕を上げると致しましょう。





道無き道を歩いていた。

先頭には、甲冑姿の女と、悪漢。その後ろに、弓手、子バフォに付き添われたアラームと続く。

既に夜の帳はすっかり降り切って、行軍の速度はめっきり遅くなっていた。


「随分歩いたが…まだまだ、目的地までは遠いな」

今の場所からだと、大人の足で数時間、といったところか。

「ま、俺やアンタは大丈夫だろうが…後ろの連中はそうもいかねぇ。今日は、この辺で野宿だわな」

「相判った。これ以上無理をして、はぐれる者が出ても困る」

クルセイダーの的確な答えに、悪漢は満足して頷く。

「…なんつーかな。ここ来てから、初めて人間とマトモな会話した気がするぜ。っと」

後ろを向き、おい、手前ぇら止まれ、と歩いている少女二人と子バフォに言った。

「うん…」

力なく萎れた声で、アラーム。子バフォに先導されて歩いてはいるが、随分消耗している様子だった。

「ぜぇーはぁー…ぜぇーはぁ…」

すぐ前では、結局荷物を二つ持たされたままの弓手が、荒い息を付いている。

まぁ、こっちは大丈夫だろうな。特に明確な根拠は無いが、悪漢は思う。

何せ、手負いであの馬鹿力。

少なくとも、ビックフットと同程度の耐久力はあるだろう、などと考えていたりする。

「大丈夫か? アラーム殿」

一方で、つぶさに様子を見守っていたであろう子バフォが、心配そうに尋ねかけた。

「うん…」

返事は返す。しかし、矢張りぼんやりとした目。

「…本当であろうな?」

二度目。今度は、幾分疑わしげに。

「うん…」

しかし、全く同じ様子で、全く同じ答えだ。ローグは、その様子にぼりぼりと頭を掻く。

「あんまし大丈夫そうじゃねぇなぁ…」

「うん…」

三度、矢張り同じような調子の声が返ってきた。

アラームは、というと立ったまま、ふらふらと不安定な様子。

今にも、そのまま卒倒しそうに感じられる。というか、マトモに言葉を判別していない様にも思える。

「ちょっと…アタシは無視…っ!?」

肩で息をしている弓手が言った。

額には青筋なんかが浮かんでいる。

「いや、お前なら大丈夫だろ」

何せ、Ms.ビックフットだし。頑丈さは折り紙つき。

「んなわけあるかっ!!誰かさんが遣した鞄が重いのよっ!!」

悪党は肩を竦め、アラームはぼんやりとした目に何とも申し訳なさそうな光。

「ま、兎も角お疲れさんな」

男は軽口を叩くのを止めて、自分の水筒を投げ渡した。

「…ふんっ」

器用にそれを捕まえて、弓手はごくごくとその中身を飲み干す。

まぁ、疲れていた、と言えば矢張り彼女も疲れていて。

何より、あの形相を浮かべた時ぐらい元気であるならば。

「あの水筒、素手で引き千切るくらいの芸当はしてくれる筈だしな」

「…それは幾らなんでも無理だとおもうぞ、ローグ殿」

少し、離れた場所まで移動してから、ぼそりと戯言を零した悪漢に、彼に続いた子バフォの冷静な指摘。

やれやれ。彼は、少女等に見せているより貌より少しばかり真面目になって、息を吐いた。

表情は闇に紛れて見えないが、きっとそれは苦笑。

「おい、子バフォ。少し手伝え。鳴子を仕掛けるからよ」

「御意」

言って、開けた重い男の鞄の中からは、一巻きの細くて丈夫な糸。それから、数個の鈴。

…どちらも、開始直後に男が拝借してきたものだ。

他にも、包帯を初めとした簡単な医療品や、幾つかの物品が雑然と詰められている。

アラームや弓手は、その中身を一度だって見た事は無いし、ローグもまた、見せた事は無い。


そして、それっきり男は、自分の作業を終えるまで、一度も喋らなかった。

戻る 目次 進む
089 目次 091
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|