バトルROワイアル@Wiki 093

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

093.其を思ふ曲~閉幕、明ける夜



白む空を眺めながら、ローグは一度大欠伸をかく。

眠気にぼやける頭を摩りながら、唾を吐き棄てた。


「…眠ぃ」

文句を言ったところでどうにもならないと判ってはいるが、それでも言わずにはいられない。

ふぁぁぁ、ともう一度欠伸。首を回す。ゴキゴキと言う音。

「…ん? 起きたか、弓手」

音のした方を見ると、不機嫌そうな顔で、♀アーチャーがこっちを見ている。

「どうして起こさなかったのよ? アタシ、見張りの途中で寝ちゃってたでしょ?」

「さぁな」

その問いに男は肩を竦め、言った。


「つーか、そんだけ元気あるんだったら、今から見張り代わってくれっての」

いい加減眠くて仕方がねぇ。

「…いいわよ。やってやろうじゃないの」

「おいおい、どういう風の吹き回しだ?」

茶化す様に言う。

「うっさいわね…放っときなさいよ」

弓手は、睨む目付きでその言葉に応えた。

「へっ…ま、頑張れや」

言って、ローグは昨晩と同じように枯葉の上に寝転がる。

「言っとくけどね。アタシが自分の責任取る為にやるんだからね!!その辺、勘違いしないでよ!!」

「へいへい」

ローグは、寝返りを打って少女に背を向ける。


静かに、夜が明けていく。

何処か遠くから、小鳥のさえずりが聞こえていた。




これにて、この演目は終了で御座います。

さあさあ、これからも彼等彼女等の道中と喜悲劇を、どうぞごゆるりとお楽しみに。

戻る 目次 進む
092 目次 094
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|