バトルROワイアル@Wiki 094

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

094.鯖



ここは癌呆新開地開発部。♀GMは偉そうな男が言ったとおりそこに行った。

そして貧相な建物の中に入り、一人だけで仕事している男に話しかけた。

「貴方がヒャック氏ですか?」

男は持っていた書類を置き、応えた。

「そうです。貴女が例の件を解決しようとしている♀GMさんですね?歓迎します。」

「もうあの人から私が来る事を聞いたのですね。ならば話が早いです。

彼女の…GM秋菜の遊びはどうやったら止められるのですか?」

「…まず彼女が使っている空間の事から話しましょうか。
あの空間は彼女の力で創られたものでは無いです。
あの規模の空間となると彼女クラスのGMでもほとんどの力を使って
やっと創れるかどうか程度です。さらに彼女は空間系でなく精神系や肉体系の操作を 得意としています。だから余計に彼女の力とは思えないのです。」

「では、いったいどうやって・・・?」

「多分道具が使われているのだと思います。私の予想だと使われているのは 『エミュ鯖』という道具ですね。」

「『エミュ鯖』……それを破壊すれば助けられるのですか?」

「恐らくは。ですが、こちらでは待つしかありません。」

「…何故ですか?」

「恐らくは彼女が持っている『エミュ鯖』があちらの世界で傷つけられれば、あちらの世界のどこかに歪みが生まれるはずです。そこから逃げるのを手伝うのが私たちというわけです。」

「…やはり、後手に回らなきゃいけないのですか。」

「ええ…今までの戦いでは『エミュ鯖』が傷つけられることはありませんでした。今回こそは破壊されることを祈るばかりですよ。」

♀GMは今の自分では何もできないと知り、いるのだかわからない神に祈った。

戻る 目次 進む
093 目次 095
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|