バトルROワイアル@Wiki 160


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

160.虎穴に入らずんば


「やはり、我々の行動範囲を着実に狭めてきているな」
間の抜けた音楽と共に放送が終わった後、♀セージが言った。
「これだけ範囲が狭くなると、他の奴らと出くわさないってのは難しいよなあ」
地図の禁止区域に×印をつけながら、♂アーチャーが応える。
「逃げ回ってないでさっさと殺しあえってことかしら?」
苦々しさをあらわにした口調で、♀ウィズ。
「それがあの女の狙いだろう。どうやら我々が協力し合っているのもお気に召さないらしい」
略式ながら死者のために祈りを捧げていた♀クルセが会話に加わる。
そんな会話をしつつ、筆談が行われていた。会話が筒抜けの可能性がある以上、重要なことは口に出すわけには行かない。
『まだゲフェンまでの道は塞がれていないな』
『でも一本道ってのが気にいらないわね』
『そうだな。次の放送次第では逃げ道が塞がれてしまうかも知れん』
確かにその通りだった。ゲフェンの門はもはや北側しか使えず、そこに至るルートも湖を通るしかない。入り組んだ地形と細い橋。そこが禁止区域になった場合、30分の猶予――あの忌々しい管理者が今までのルールを変えなければの話だが――があるとは言え、強行突破はあまりに分の悪い賭けとなる。
『道が開いてること自体が罠ってことは?』
ためらいがちに♂アーチャーが書いた言葉に、♀セージは素直に回答する。
『その可能性はある』
そして付け加えた。
『しかし、行かなければ』
全員が深く頷いた。


一方、♂プリは困っていた。
(まいったな……アルデバランは完全に塞がれちまった)
「ねえ、これからどうすんの? もうアルデバランは行けないみたいだけど」
立ち止まって考え始めた♂プリを見て、♀アサが声を掛けてくる。
♂プリはまたチェインの柄を使って地面に何やら描いていた。左上に三角の塔、右上には時計のついた建物、その下には城、さらに右下には狐。そしてそれぞれの横にはさっきも見た結晶の絵。♀アサにも、それが世界の4ヶ所に存在するギルド砦、そこに配置されているエンペリウムを指しているのだとわかった。
「俺たちが居るのは……まあ、だいたいこの辺か」
印が付いた場所は、プロンテラとゲフェンの中間あたりの地点、元の世界であればバッタ海岸と呼ばれる場所の南岸だ。
(道が塞がった以上、アルデバランのエンペリウムには手が出せない……どうすればいい?)
こつこつと地面を叩きながら考え込む♂プリ。しばらくそれを見ていた♀アサだが、やがて口を開いた。
「あのさ……すごく強いやつと戦うとき、あんたならどうする?」
「あ? 何だよいきなり」
考え事を中断された♂プリが不機嫌そうな声を出す。それを受け流しながら♀アサは言葉を続ける。
「別にさあ、相手と真正面から戦う必要は無いんだよね」
「……何の話だよ?」
「手でも足でも、眼でもいい。どっか弱そうなところを叩いてやれば、もうそいつは全力では戦えない。そうなったらこっちのもんさ」
ようやく♂プリにも話がわかってきた。
何もすべてのエンペリウムを破壊する必要は無い。いくつかが破壊されれば、この巨大な結界は維持できなくなる。♀アサはそう言いたいのだ。
「なるほどな。あとは向こうが自滅してくれるってわけか」
「そういうこと。さすが、察しがいいね」
♀アサは満足げに笑うと、地図のほうに視線を向ける。
「で、どこに向かうわけ?」
もう♂プリは地図上の一点を丸で囲んでいた。
「わかったよ。じゃ、行こうか」


<♀セージPT、ゲフェンへ向かう>
<♂プリPT、ブリトニア(ゲフェンギルドマップ)へ向かう>

戻る 目次 進む
| 159 | 目次 | 161
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|