バトルROワイアル@Wiki 170

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

170.歩く



「冒険者は足が命、かぁ。近所のお兄ちゃんの言葉、身にしみるわ」

崖から飛び降りた♀アチャがどうなったかというと、全身傷だらけだったが

移動するための、明日へ向かって進むための足だけは無傷だった

「帰ったら飛び切りのお礼しないとね」

しかし声を出すなどこんな状況では危険極まりない

だが独り言でも言わないとやってられない事情があった

弓を持つ手、左腕の負傷

なるべく早く傷口を洗い流し手当てをしなければ、2度と弓を持てないかもしれない

弓手である彼女にとってそれは是非とも避けたい未来だ

いや、持てなくなるだけならまだいい

傷口からの感染症など、今この世界で対処できるはずがない

「お礼って言えば♂ローグに助けてもらうの2度目なのよねぇ」

命の対価

それも2度だ

莫大な借りをまだ返していない

どうやって借りを返そうか

やっぱり、ヒーローはヒロインのピンチに駆けつけてこそよね

なんで俺がお守りしなきゃならんのだ!とか言ってたアイツが私に助けられたって知ったら、どんな顔するかしら

「あ、なんかやる気出てきちゃったかも」

1声呟くのを最後にして、もう見え始めてきた池に向かう

左腕の傷を洗って、至急品の赤ポ使って応急手当して、

そしたら木にでも登って身を隠しながら今後を考えよう

私はまだ歩けるんだから



<♀アーチャー所持品/グレイトボウ、矢、小青箱

現在地/プロ北(prt_field01)池周辺

備考:実は怪力?数時間の間弓使用不可>



戻る 目次 進む
169 目次 171
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|