バトルROワイアル@Wiki 193


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

193.定時放送5

定時放送時刻です、と♂GMに起こされたGM秋菜は、渡された報告書(死亡者リスト)を一瞥し、
手元の水晶を模したものを覗き込む。
「ふーん、そろそろ少なくなってきたわね♪
 ただ、ちょーっとプロンテラ周辺に固まりすぎかなぁ~。いけない人たちですねっ
 ♀セージさん達と♂ローグさん達は再び合流の可能性もあるし、う~ん」
現在位置を見つつ、世界地図を参照しようと手を伸ばすと、♂GMの作ったご飯が目にはいる。
「……ふんっ」
仮眠を取ってやや回復していた気持ちが落ち、反抗的に食べ物を押しやる。
「みんなみんな、さっさと死んでしまえばいいのよ」
生存者の現在位置を再確認すると放送を流すために立ち上がった。
その瞳に映る真意は分からない。

絶望か、高揚か、狂気か、それとも他の何かか。
瞳からは、冷たい色だけがうかがい知れる。

そして、世界中に場違いな音楽が流れ出し、放送が始まる。


「みなさ~ん、殺し合い、続けてますか?
 そろそろすくな~くなって来ましたが、どんどんやっちゃいましょう♪

 まずは死亡者です☆
 ♀アサさん、
 ♀クルセさん、
 ♀WIZさん、
 ♀ローグさん、
 ♀騎士さん、
 ドッペルゲンガーさん
 以上の6名で~す♪

 それでー、禁止区域の発表です!
 ゲフェン北東
 砂漠の分岐
 バッタ海岸
 GH古城
 クリーミーの野道
 の、五つですぅ~。
 あんまり残ってるとBANしますから、早く移動して殺し合いを続けてくださいね♪
 以上ですっ☆」


世界に響くその声からも、何を思い何を考えているのか聞き取ることは、できない。
参加者たちは、ただいつも通りであると感じるだけ。
「放送は、あと一回くらいかなっ
 それ以上長くかかると秋菜困るな~」
そう言いながら、唇を激しく舐め、クスクスと笑った。

戻る 目次 進む
192 目次 194
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|