バトルROワイアル@Wiki 195


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

195.肉入り

 風に揺られる草が、寝転んだ♂BSの頬をなでていた。
 彼は、なんとなくそれが、飾り気の無かった♀BSの手に似ている、そんな事を考えていた。
 空だけが、彼と違って相変わらず人工的に青いままだ。

 打倒秋菜を目指すに当たって間違いを彼はひとつ犯していた。
 それは地図を見返して気づいた簡単な、見落としだった。
 つまりは、プロンテラ城が禁止エリアでない筈は無い、という事実。
 これまで、正気を失っていたが故だが、このまま進めば空しく爆死する所だった。

 しかし、自分は一体どうすべきか。
 一気に突き落とされたかのような気分がした。
 そんなどん底から見上げてみると、冴えた方法は初めからたった一つしかなかった。

「殺そうか」
 彼はつぶやいた。
 そうだ。殺そう。
 再び秋菜に会い、殺すためにはそうするしか。

 復讐を遂げる。その為だけに十人近くもの人間を殺す。
 ♂BSは、その事実に笑った。それは、乾いていた。
 結局、やることは変わらない訳だ。
 本当は、正気に戻ったふりをしているだけなのやも。

 だが他に選択肢は無い。
 自らの命を絶って、全てを終わらせる程彼は潔くもなかった。
 そして、それを選択しうる力が彼にはあった。
 それにBSは人を殺しすぎたから。
 生き残り達は、決して彼を受け入れないだろう。
 他の参加者の善意(それがあったとして)は、最早期待できない。

 殺す為だけに殺す。そうで無くなっただけマシなのだろうか。
 だが。

 ずきり、と酷く頭が痛むのを彼は感じた。
 皆殺しを考える一方で、善意の生き残りとの共闘を期待する自分がいたからだ。

「今更どうやって?」

 そんな事は無理な相談だ。

 ──殺そうか。例え、それがどんな結末になろうと。

 結局、それだけが彼の知りえて、理解しうる唯一の選択であり、真実だった。
 それを肯定する様に、頭痛は波が引くようにいつの間にか消えていた。

「往く、か」
 例え、何もかもが失われ、あるいは既に無くなっていたとしても。
 持ち上げた彼の顔には、迷いが無い。

 そうする事でしか、このゲームを自分が生き残った上で終わらせられないなら。
 こんな馬鹿馬鹿しいゲームは、この手でもう終わりにしてしまおう。
 レクイエムを歌いながら。既に死んだ人達と、これから殺す、あるいは死ぬ人達の為に。

 心を定めると、立ち上がり彼は更に南に下り始めた。
 さっき、自分を避けて、南へと逃げていった♀ローグの事を覚えていたから。

 まずは、彼女から殺そうか。
 彼は、そう考えていた。

<♂BS BOTマーダー=>肉入りマーダーに 持ち物は変わらず。体力復帰
ローグを求めて南下>

戻る 目次 進む
194 目次 196
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|