バトルROワイアル@Wiki 2-008


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

008.楽園



島の北端―――岩が点在する浜辺に、その男はいた。
波音が響き渡る明るい砂浜には不釣合いなマント。
加えて直射日光に砂からの照り返し。
汗が噴出して然るべき暑さだというのに、男には一筋すらそれが見当たらなかった。
「殺し合い…ですか」
まるで月一つ見えない暗闇のような黒髪。
生気のない土気色をした肌が、更に男の雰囲気を暗くしている。
「ふっ…」
思わず笑いが漏れた。
いつもなら魔術師が集うあの塔に近づくだけで、まるで汚物を見るような視線をぶつけられる自分。
それが何故いきなり呼び出されたのか、これで納得がいった。
実に簡単だ。単純に邪魔だから、この機会に始末してしまおうということ。
頭の固い年寄りどもにしてみれば、またとない好機だったのだろう。
だが…
「ちょうど良いですね」
以前から、人体の研究はしてみたかった。
しかし一般常識というものによると、どうやらそれはご法度らしい。
生きている人間を使おうものなら王国や軍が五月蠅いし、かといって死した人間を使おうものなら教会が黙っていない。
生きているならまだしも、最早何の役にも立たない肉塊を有効利用してやろうというのに、一体何が不満なのか。
所詮低脳で下賤な民。崇高な考えは理解できないということか。
「ですが…」
ここなら何の問題も無い。
殺しを公認するような催しだ。相手をどうしようと、どうこう言われるようなことはないだろう。
ならばここは自分にとって最高の場所だ。
くだらない倫理などに縛られることもなく、己の興味を引き止めるような輩もいない。
それだけではなく、49人もの活きの良い研究材料が、そこらじゅうをうろついているのだ。
これ以上の環境が、この世界のどこにあるだろうか。
今この身に溢れているのは、己が探究心を満たすという限りなき欲望と、それが可能だということへの大きな喜び。
たとえ命が失われようと、そんなことはどうでも良かった。
むしろ自分の渇きが満たせぬ世界に、どれだけの生き続ける意味があろうか。
「感謝しますよ。ここに私を送ってくれた方々に。そして、この素晴らしき楽園を作ってくれた方々に」
支給品の青い箱を開ける。
中には銀に輝く短剣と、片目を覆う透明のレンズ。
幸先の良さに、彼の切れ長の目が細められた。
「さあ、始めましょうか。私の…可愛いモルモット達よ。」
狂気を乗せた哄笑を聞くものは、ただ穏やかに広がる海原のみ。
短剣を腰に、眼鏡を左目に配置すると、彼はゆっくりと、獲物を求めて南へと歩き出した。

<♂ウィザード:島の北端から南へ 備考:現時点では特になし>
<所持品:コンバットナイフ 片目眼鏡>

<残り:49名>


戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|