バトルROワイアル@Wiki 013


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

013.究極の知能の融合


オレはこいつらと生きて帰る…。
将来を夢見てひたすら修練に励んだ日々を、あのバカなGM達によって崩されると思っていた。
しかし、天はまだオレを見放していなかったようだ…必ず、復讐してやる…。

時は少し遡る…
あてもなく、生きることを諦めた人形のように、オレは歩いていた。
的にでもされて、自分でも気付かずに死ねれば、それはどんなに楽なことだろうか。
視界が暗転する。
どうやら、草で編まれた単純な罠に引っかかったようだ。
「両手をあげて、おとなしくせぇや」
頭上から声がした。
ああ、オレはここで死ぬんだな…と思いながら、両手をあげてその場に棒立ちになる。
今まで神を信じたこともなかったが、目を瞑って、最期に思いきり空気を味わおうとした。
「って、あんた…支給品あけてすらいないんだ?」
突然の声に、はっと息を呑む。
いつものオレなら、後ろに人がいるのに気付かないわけがなかったのに。
ふと、前から近づいてきた商人――いや、アルケミストか――と思しき女が声をかけてきた。
「ホンマかいな、あんさん…もしかして、生きるん諦めてたりしたんか?」
「ああ、そうだよ…悪いか」
早く殺せ、と唾を吐きながら声のする方へ顔を向―――

ドゴッ

鈍い音が耳元で弾ける。最初は何が起こったのかわからなかった。
「アホいうんも大概にせぇ。…ま、あんさんがこんなゲームに乗ってなかったんやから、そこは喜ぶべきかいな」
頬を拳で殴られたらしい。ふらふらとする感覚から戻ってみると痛みだけが残っていた。
「っ…なんで殺さないんだよ…」
なまじ半端な痛みなため、苦しい。
オレはアーチャー。一流の狩人、狙撃手になるため日々を弓とともに生きてきた。
基本的な体術は会得していたものの、不意に殴られるのなど初めてだった。
そして、差し出されるのは右手。
「あんさんの力…うちらに貸してくれへんか?」
差し出される手に困惑するオレ。
戸惑いながら手を差し出そうとするオレに、後ろから鋭く突き刺さる声。
「でもあんた、生き延びる気力がないならここで人生終了しときな…
私らがやろうとしてることは生半可な覚悟じゃついて来れんよ?」
「やろうと、してること…?」
振り向いて声の主を見る。
容姿から…いや、雰囲気全てが、彼女が常人と違うというオーラを発していることに気付く。
「ああ…詳しくはまだ言えんがな…」
言うと、彼女は手に持つ短剣で近くの木に文字を彫る
『私らの会話は盗聴されていると踏んだ方がいい』
驚いた。オレにはそんなことを思う余裕すらなかったというのに。
「そうか…じゃ、まぁ…支給品とやらにオレの運命を託してみるか…」
かばんの中から小さい箱を取り出し、開ける。
中からは白い葉っぱが一枚、ふわりと出てきた。
「わ…白ハーブかぁ…生憎、製薬の道具は取り上げられてしもたがなぁ」
アルケミストの彼女が苦笑した。
「大事なのはそっちの大きい箱じゃないのかい?」
少しも温かみを感じさせない声で、セージは言う。
「そうだな…これに運命をたくすか…」
大きい箱を開ける…目を瞑り、中の物を手探りで掴む。
懐かしい感触。
その感触に触発されるように、オレの中で生き残るための気力が沸いて来た。
「…ビンゴ♪」
まだ何も言ってないのに、アルケミストの少女は嬉しそうに飛び跳ねる。
「これで、一緒に来てくれるよね?」
下から覗き込まれ、少したじろいだが、嘘偽り無くいえた。
「ああ…なんだってやってやるさ」
「で、盛り上がってるとこ悪いんだけど。あんた矢もなく弓持ってて意味あんの?」
その言葉に、一気に下がるオレとアルケミストのテンション。
「あはは、悪い悪い…これ、あんたなら使えるでしょ?」
その手に渡されたのは、ひとかけらのジャルゴン。


<♂アーチャー アーバレスト[2]、白ハーブ1個獲得。>
<♀セージ ジャルゴン、ダマスカス[2]1個獲得>
<♀アルケミスト 不明。>

戻る 目次 進む
012 目次 014
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|