バトルROワイアル@Wiki 020


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

020.天才の代償


俺は天才だ……何とか生き残る方法を考えるんだっ
♂セージは考えていた、なんとか生き残る方法はないか。
「誰かが俺の変わりに全員皆殺しにしてくれればいいんだけどなあ……そうだっ」
彼は閃いた、アブラカタブラがあったではないか、これでボスを召還してあとは
自分は安全地帯に身を潜めていれば勝手に召還したボスが殺してくれるので
自分は安全に生き残ることができるというわけである
「ふふ、やはり俺って天才かもしれないな」
そう思うと早速アブラカタブラを開始した
「マグニフィーカート」
「メテオストーム」
「アンゼルス」
「ディボーション」
なかなかクラスチェンジがでないな」

30分後
「クラスチェンジ!」
よっしゃきたああああああああああああ
さあボスを召還・・・しようと思ったのだが周りにモンスターがいない事が
今になって気づいた、動いてしまったらせっかくクラスチェンジが出たのに
無駄になってしまう、彼はしばらくその場に突っ立っていることにした

しばらくすると近くに♂のクルセイダーが通りかかった
「あー、すいません。よかったら適当なモンスター連れて来てもらえないかな?」

しかし彼は無視して走り去ってしまった、まあ当然である、殺し合いのゲームの
途中なのだ。

「だーもうしょうがないっ、自分で探そう、またクラスチェンジ出すのめんどい
 いけど仕方がないな」

彼はとりあえず周りを散策することにした。
すると一匹のルナティックがいるではないか
「ちょうどいい、こいつでいいや」
彼はルナティックを捕まえると再びアブラカタブラを開始した
「ストームガスト」
「ボウリングバッシュ」
うーんなかなかでないな

30分後……

「ファイアーピラー」
「インスタントデス!」

「あ……しまった……インスタントデスがあったのをすっかり忘れていた、
 やっぱ俺って馬鹿だわ……」

彼の魂は天に召されて逝った


<♂セージ死亡、箱の中身イエロージェムストーン大量、片方不明>

<残り45名>

戻る 目次 進む
019 目次 021
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|