バトルROワイアル@Wiki NG2-12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NG 暗殺者の講義


「出発前に少し講義をしよう」
♀シーフと♂アチャの死体を漁りながら♂アサシンは喋り始めた。

「質問は最後に受け付けるから黙って聞くように」
♂アサシンの言葉に♀ノービスは無言でコクリと頷いたのでそのまま話を続ける

「このゲームで生き残りたいなら人から食べ物を貰うな。もちろん死体からも食い物と飲み物は盗ったらいけない」
「毒が混ぜられたらそれで終りだからな、それに4日と期限が決まっているので手持ちの食料でも十分最後まで持つ」
「それと一人でいる奴はほぼ確実にゲームに乗ったやつだから絶対に近寄ったらダメだ」
「複数でいる奴らは何とかこのゲームから逃げ出そうとする馬鹿な奴らの可能性が高い」
「もし、俺が死んだらそういう馬鹿に付いていけ」
「最後に・・・殺す時は躊躇うな。そしてチャンスがあれば声も出さずに殺せ。それが生き延びるためには必要だ」
「何か質問は?」
講義を終えた♂アサシンはゆっくりと♀ノービスを見て聞いた。

「あ、あの・・・ロリコンなんですか?」
「違う!!」
反射的に大きな声で否定してしまった
今の声を誰かに聞かれたかもしれない、早めに動かないとな・・・

「ちっ・・・とっとと行くぞ」
♂アサシンはそう言うと死体から盗った青箱とソードを袋に入れ足早にその場を後にした

「あ、ちょ、待って下さいよー」
そんな声が聞こえたが♂アサシンの歩く速度は変わらなかった

<♂アサシン>
位置-D-6へ移動
所持品-フード、レッドジェムストーン1個、ソード、青箱3個

<♀ノービス>
位置-D-6へ移動
所持品-青箱1個、ダガー

<残り43人>


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|