バトルROワイアル@Wiki 022

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

022.時計塔の少女


 遠くに、鳥の声が聞こえる。太陽は見えない。
 それは、きっとこの空が、作り物だからなのだろう。
 何処までも不自然に青い空は、地上の少女を皮肉げに笑っていた。

 ふらふらと、彼女…アラームは森の切れ目を通る、比較的広い道を歩いていた。
 バドスケさん…時計塔の皆…少女は、そんなことを考えていた。

 あの後、何か回りが騒がしくなったけれど、隣に居たバドスケが、
見るな、と叫んで手で彼女の顔を覆ったから、よく判らない。
 けれど、何があったのかは、なんとなくわかっていた。頭の中では。
 殺しあえ。あの女性は、そんなことを言っていた。
 けれど、そんなことが出来る訳がない。

 それよりも、ここは何処なのだろう?
 時計塔で、いつの様に過ごして、何時ものように皆とご飯を食べて、お布団に包まって、それだけなのに。
 気がついたら、あの女の人がいた場所に座らされていた。

 頭の中が、ぐしゃぐしゃとして、何もかもが良く判らなかった。

「えぅ…」
 寂しさと、不安と、それから恐怖に蝕まれてじわじわと、涙がにじんでくる。
 それを、ごしごしと拭いながら、続いていく道をとぼとぼと行く。

 傍目には、少女の姿は、両親とはぐれた迷子のように写る事だろう。
 あるいは、丁度良い的に。か弱い羊に。

 彼女のそばには、誰も居ない。
 厳しいけれど優しい管理者も。綺麗で面倒見のいいライドワードも。
 意地悪だけど、本当は優しいバースリーも。オウル先生も、パンクも。
 荒武隊の皆も。

 そして、バドスケも。

「バドスケさぁん…」
 彼女は、もうこれで口にするのが幾度目かになる詩人の名を呼んだ。
 けれど、それは空気に溶けて直ぐに消えた。

 ざわざわと、風に吹かれて木々までが、その幼い少女を嘲笑う。
 諦めてしまえ、投げ出してしまえとそよぐ草は囁きかける。
 ぐすぐすと、鼻を鳴らし、しかしそれでも歩き続ける。

 彼女の知る詩人は、光に包まれた後、隣に居なかった。
 唯、アラームは広い草原の丘の上に居た。この道は、その近くにあった。
 そして、その上を歩き始め…今に至る。

 …あるいは、それは少女のサガなのかもしれない。
 唯、ひたすらに見果てぬ楽園を目指して歩き続ける。
 少女は知らず、自分の歩いている道の先に、何かを見出しているのだろう。

 けれど、小さなサンダルに包まれただけの少女の足にとっては、
楽園も、この道の先にあるかも知れないものも、遥かに遠いものだった。
 そして、その肩に下げられた鞄は、彼女にとっては余りにも重い枷だ。

「あうっ!!」
 小石に、アラームは躓く。

「ぅぅ…」
 しかし、躓いても彼女は立ち上がる。
 再び流れ始めた涙を、腕でふき取って。

 少女は、また、道を歩き始める。


<アラームたん 取得物不明>

<参照先:時計塔スレ>

戻る 目次 進む
021 目次 023
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|