バトルROワイアル@Wiki 2-097


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

097 狩人と狐 [定時放送後30分以内]


「らァァッ!」
フェイント気味に振るわれた包丁の刃は、しかし分厚い木材で受け止められていた。
バァン!と音を立てて刃が半ばまでめり込み、破片が飛び散る。
「ふっ!」
振り切った体勢でがら空きになっている足元めがけ、ジルタスの脚がしなやかにうなる。
「ぐ……はッ」
「へッ……甘ェんだ……」
しかし体を折ったのはジルタス。♂ローグはとっさに包丁から手を離し、懐に踏み込みざま
肘を打ち込んだのだ。そのまま顎めがけ拳を振り上げる。
「……よッ!」
「……がァッ!」
伊達にジルタスも監獄の女主人と呼ばれるわけではない。
体を捻りつつ、包丁が刺さったままの木材を♂ローグの横っ面に叩きつける。
「がッ……」
「ぐぉッ……」
拳が顎をかすめ、衝撃が頭を揺さぶる。木材が衝撃に耐えかね、
バギン!と真っ二つに割れる。よろけるジルタスと、たたらを踏む♂ローグ。
「「あァァッ!!」」
だが両者とも一瞬で意識を引き戻した。
宙に飛んだ包丁を引っつかむと強引に軌道を曲げて切りかかる。
後方に飛びのきざまバク転の要領で数度蹴り上げる。

「……ペッ」
後ろに数歩よろめくように下がった♂ローグが血の混じった唾を吐き出すと、
カン、と乾いた音がした。折れた歯が何本か床に転がっている。
「ふん……」
床を擦りながら這うように着地したジルタスが体を起こすと、ピン、とワンピースのボタンが
いくつか弾け飛んだ。裂けた布地から覗く肌に赤い線が滲んでいる。
嵐のごとき攻防の後の、つかの間の静寂。
「畜生、2本やられた」
頬の血をぬぐいながら♂ローグが言う。
「あたしだって、ボタンを2個も飛ばされたわ」
切り裂かれた布地のあたりをさすりながら、ジルタスが返す。
「へっ、セクシーになって丁度イイじゃねえか。いつももっと過激なカッコしてんだろ」
「せっかくご主人様がいいって言ってくださった服なのよ。それを傷物にするなんて
許せないわ。……それよりあなた、今の顔のほうが男前なんじゃなくて?」
「くっく、そいつはどうも。だが俺ァ、寄って来る女より、逃げようとする女を力ずくで
モノにするほうが好みなんでな」
「それは悪趣味ねぇ。強引な男は嫌われるのよ、坊や」
軽口を叩きあいつつも、殺気は再び高まっていく。互いにじりじりと距離を取り、
得物を構え、仕掛けるタイミングを計っている。
その時。

ピ、ピ、ピ、ピ……

「なんだ!?」
「なに!?」
聞き慣れぬ音に、緊張が破れた。断続的な人工音。
それは一瞬のことだった。しかし、ほんの一瞬だけ早く、ジルタスのほうが
目前の状況に意識を引き戻した。
「失礼!」
近くの棚に置かれていた壷を鞭で引っ掛けると、♂ローグの顔面に向けて放り投げる。
直前で気づいたものの、♂ローグには避ける余裕はなかった。がしゃぁぁん、と壷が割れる。
「ッ……! てめェッ……!!」
しかしその一瞬の隙に、ジルタスの姿は消えていた。かすかに遠ざかっていく足音。
「逃がすかよッ!」
ジルタスとの格闘戦のため脇に置いていたクロスボウに飛びつき、壊れた窓から構える。
今夜は満月。森へと駆けるシルエットがはっきりと見える。
「バカが! ハンティングの的にはもってこいだぜ!」
背中から心臓をぶち抜いてやる。狙いを定め、引き金を引こうとしたその時。
「ひ……ひぃぃぃやぁぁっ!」
だんっ!
何者かに脚をつかまれた。バランスを崩して矢の狙いが逸れたまま、
クロスボウが発射される。人影は一瞬よろめくが、再び走り出す。
「クソッ! 仕留めそこねた!」
二本目を装填するのは間に合わない。この場はあいつを見逃すしかない。
「てめェが余計なことしやがるからだ! コラァ!」
脚にしがみついて何事かわめき散らす肉塊を蹴り飛ばす。窓から放り込んでやった
豚野郎がいつの間にか息を吹き返してやがった。腹立ち紛れに何度も蹴りを入れると、
その度にカエルが潰されるようなみっともない呻き声が上がる。
ボロ雑巾のようになった大臣は、ひゅうひゅうと息をしながらひたすら繰り返していた。
「あがっ、が……じんでじまう……じ、死にだぐなぃ……」
「ケッ、死ぬ死ぬ言うわりに頑丈な野郎だ。だがテメェといつまでも遊んでんのも飽きたしな、
この辺でいい加減死んどけや」
ごり、と包丁を首筋に当てる。
「ぐび、わっ……くびわが……ば、ばくっ……ひぎゃぁぁぁ……っ」
「ああ!? 首輪だぁ? 今さらんなもん関係ねェだろ。テメェは首切り落とされんだからよ」

……いや。待て。
首輪が爆発する――ここは禁止区域なのだからそれは当然のことだ。だが、放送が聞こえ、
禁止区域が発表されたとき、こいつはどうしていた?俺のスペシャルな拷問フルコースで
気を失ってやがったはずだ。みっともなくクソまで漏らして。
それなのに、だ。
どうしてこいつは、首輪が爆発すると、「ここが禁止区域だと」わかるんだ?

ピ、ピ、ピ、ピ……

この音。さっきから続いているこの妙な音。
「首輪から……か?」
よく見ると、首輪につけられた小さな石も赤く点滅を繰り返している。
なァるほど、警告ってわけかよ。あの道化師野郎のことだ、禁止区域から逃げやすいように
なんて理由じゃない。泡食って必死こいて禁止区域から逃げようとする奴の姿が
見たいだけなんだろうぜ。全く悪趣味だ。
「ま、俺には関係ねェことだがな。丁度いい。時間まで正確にどれだけ残ってるのかは
わからねェが、そのままみっともなく喚いて死にな」
ついでに、どれだけの爆発なのか見ておきたいしな。♂ローグはクロスボウを抱えると、
包丁をぶら下げ小屋を出た。そのまま駆け足で小屋から離れる。
爆発が周囲を巻き込むようなものだった場合――
「巻き添えを食ってお陀仏なんてのァご免だからな」
樹の影で荷物を回収し、ふと小屋を振り返る。まだ爆発の様子はない。

ピ、ピ、ピ、ピ……

「!?」
妙だ。
まだ音が聞こえる。それもはっきりと……すぐ近くでしているかのように。
「まさか……」
視線を落とす。暗い地面に明滅する赤い光。
『あなたには思うまま殺して頂きたいですからね。その首輪、特別製にしておきました』
「く、そが……ッ!」
♂ローグは脱兎のごとく走り出した。
『禁止区域に侵入しても爆発しないんです。隠れ場所にするもよし、罠に使うもよし。
ま、楽しんでくださいな。……あ、言っときますけど他の方々にはくれぐれもナイショですよ?
ひいきだって怒られちゃいますからねぇ……くっく』
「あのクソピエロ……ぶっ殺してやる!」
走りながら荷物を探り、取り出した馬牌を握りつぶす。馬のいななきのような音が響き、
ぐんと体が加速する。
ゴールも、タイムリミットもわからない。
追う狩人から追われる狐になった男は、夜の森を駆ける。

ピ、ピ、ピ、ピ……

<♂ローグ>
<所持品:包丁(血濡れ)、クロスボウ、望遠鏡、寄生虫の卵入り保存食×2、馬牌×3、
未開封青箱×1>
<外見:片目に大きな古傷>
<性格:殺人快楽至上主義>
<状態:禁止エリアより脱出するため疾走中(I-5→?)> ※脱出成功かは後の人に任せます
<備考:GMと多少のコンタクト有、自分を騙したGMジョーカーも殺す>

<ジルタス>
<所持品・・・ジルタス仮面、女王の鞭>
<外見・・・ジルタス+ぴちぴちワンピース(胸元が少し破けている)>
<状態:♂アコたちを追う(I-5→?)、クロスボウにより負傷(詳細は次の人にお任せ)>
<備考・・・♂アコライトのペット>

<工務大臣>
<状態:♂ローグにより虫の息、首輪のカウントダウンにより恐慌状態、
体内では順調に寄生虫の卵が孵ろうとしている>


戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|