バトルROワイアル@Wiki 2-100


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

100 蟲


・・・びちゃ。
月明りの差し込む室内にて。
床に転がる首の無い男。彼の動かない筈の肉体が、血溜まりの中でびくんびくんと何度か跳ねた。
びちゃ。ごり・・・ごり。
何かを貪る様な音と共に、びくびくと跳ねる。その度に未だ乾き切っていない血溜まりは飛沫をあげた。
・・・・・・ぺちゃり。


・・・・・・・・・・・・

・・・ずる。ずる。

・・・・・・・・・・・・


数時間後。
その室内に、首の無い男はもう居らず。彼が転がっていた筈の位置には赤黒い染みの広がりと、骨の欠片と思しき白い破片だけが残されていた。
そして扉の外まで、延々と血の跡。
浜辺には、何かが這い擦ったような跡。


<大臣の腹の中から帰った寄生虫、屍を喰い成長して何処かへ>
<※アルギオペの亜種。特別枠関係無し、BR参加者とは見なされないが、本能のまま人は襲う>


戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|