バトルROワイアル@Wiki 雨の日のあらすじ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グラサンモンクについて ※原作ネタバレ注意


「雨の日」のあらすじ…
ノービス時代に知り合った♀騎士に転職まで冒険者の基礎を教えられることとなるが、転職も近いある雨の日枝テロが起こる。
騎士として人々を護るために向かった彼女はぼろぼろになりながらテロを制圧する。
だが全滅させたわけではなく、残った"操られたマンドラゴラ"が動けない彼女を襲い、彼に発見され街に戻る間に彼の背中で息を引き取る。

アコライトになった彼だったが、事件のせいか独りでいることが多くなり自然と殴りアコになる。
しばらくして先のテロで救出した♀アコと再会し、以後行動を共にする。
彼はこの時点では誰かを助けたい気持ちが強く、あくまでプリースト志望であった。

しかし、♀アコが♀プリに転職した日にまたも枝テロが発生し、運悪く2人は偶然犯人とその仲間に出くわしてしまう。
まだアコであった彼は彼女を護ろうとするも胸を剣で貫かれ倒れる(右心臓のため生存)。
彼はある組織の♀アサに治療され一命を取り留めるが、既に♀プリは陵辱され殺されていた後だった。
またこの日も雨だった。


復讐を望む彼はモンクに転向。組織に加入し、2人のための復讐が彼の人生そのものとなり数年で著しい成長を遂げる。
だが雨の日には、いつも修行と称した半ば拷問のような狩りをし、帰ってくると必ず2人の悪夢を見る。
目覚めても現状把握に時間がかかり、違法スレスレの半ばドラッグに近い精神安定剤を飲み、
しばらくしてようやく落ち着きを取り戻すほど。←バトROワに参加しているのはこの時点での彼です。

そしてついに復讐の機会が訪れ彼は仇討ちを果たす。
しかし、そのとき作戦に参加していた♀アサは枝で召還された深淵に苦戦しており、彼が駆けつけると大剣で腹部を貫通されていた。
彼女を救うべく大剣を叩き折った彼は、深淵相手にも優勢に戦った。
やがて阿修羅の絶好のタイミングが訪れるが彼は阿修羅を寸止めする。
そこで形勢は逆転し結果的には辛勝したが、その時彼は♀アサ以上に瀕死であった。
だが、阿修羅を撃たなかったのは♀アサを助けるためであり、彼は最期の力を振り絞って♀アサのところまで這い進み、彼女にヒールをかけた。

「……もう、オレの……目の前で、誰かが死ぬなんて……耐えられない。
 多くの人間を……殺して……お前が死んで、オレだけなんて……もう、生きて……いけない……」

彼はそこで死亡し、ヒールにより♀アサは生存する。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|