バトルROワイアル@Wiki 027


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

027.裏切り者


 『裏切り者』
       1:主人、もしくは味方を捨てて敵方についた者

       2:期待に対して背いた者


 砂漠の上に、暗殺者が一人。
 破れた上着の裾を、風に嬲られるままにさせながら、歩いている。
 目指すは唯一つ。あのホールで見た♀プリーストの元。
 逃げる者は追いはしないが、向ってくる者や立ちはだかる者は残らず殺す。

 信念という名の妄執を胸にし…しかし、男は急に立ち止まった。
 再開の光景が、自己の状況確認を煙に巻いていたからだ。事実、箱の中身も確認していない。
 ごそごそと袋に手を遣り…頭ほどの大きさもある箱を両手で取り出す。

「……どれ、開けてみるとするか」

 その中には、一言で言うなら、色がなく、その代わりに闇があった。
 箱の内張りも黒ならば、箱に入っていた物も、真っ黒い布で幾重にも梱包されている。

「これは、なかなか」
 期待できるか?箱をぽい、とその辺に投げると、♂アサシンは布を解いていく。
 布と同様に、真っ黒い刃がその下から覗いている。

「…裏切り者、か。ツイてるな」

 それは、人を殺す為だけの武器である。
 それから、何故かその刀身には、13という数字が乱暴に彫りこまれていた。

「もう一つは…目隠し!?」

 ツイている。ツキすぎていると言ってもいい。
 しかし、箱に収められたそれを持ち上げてみると…

「なんだ…頭巾かよ」

 幸運への感謝は、一瞬にして落胆へと変じていた。
 箱に、再び頭巾を積めると、それを投げ捨てる。

「まぁ、一つは当りだったわけだ。幸運、と思っておくか」

 腰に、鞘に収めた裏切り者をぶら下げる。そしてまた、歩き始める。


 …彼が手にした武器は『裏切り者』。そして、彼はその武器の名を深く考える事は無い。


<♂アサシン 裏切り者、一個獲得 頭巾、破棄>

戻る 目次 進む
026 目次 028
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|