バトルROワイアル@Wiki 2-181


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

181.Endless nightmare


 終わらない悪夢を。
 無理やりでも終わらせるために、私は走る。

 今からしようとしていることを知ったら、今はもういないあの人はきっと烈火のごとく怒るだろう。
 それでも、私は悪夢を終わらせたい。

 贖罪と……あの人の敵を打つために。


 彼の傷が酷かったせいか、すぐに♂クルセイダーには追いついた。
 血の跡を背後に残し、背中にはナイフが刺さっているのが確認できる。
 しかし、近づくにしてもクローキングは川に背後を塞がれたこの場所ではできない。

 見通しが良すぎるのだ。
 詠唱のためにはある程度の距離が必要だし、詠唱中に近づかれたらそれこそ良い的だ。

 ……それなら。

「……待ちなさい。あなたを逃がすわけにはいきません」

 背後からの追撃者に気がついていたのか、♂クルセイダーはその場に立ち止まる。

「オーラ……それほどの力を持ちながら、何故お前は人を殺す側に行かない?」

 足元から巻き上がる淡い光に唯一残った右目を細めて、♂クルセイダーは♀WIZに問いかけた。

「……あなたには関係ないことです。死んだ目をしたあなたには」

 ♀WIZは怒りを抑えた口調で、澱んだガラスのような暗い瞳の♂クルセイダーにそう言葉を投げる。

「死んだ目……か。生きるために死んでいるようなものだからな……」

 ♂クルセイダーはシミターを構え、徐々に♀WIZへと近づいてくる。
 ♀WIZは後ろに後退しながら、距離を一定に保ちながら話を続ける。

「やはり、あなたは殺人者側……ね。それも、恐ろしく強いわ」

 クァグマイアだけでかわせるだろうか。
 場合によっては、死ぬ覚悟がいりそうだ。

「それを殺そうとしている、お前も殺人者ではないのか? そうでないというのであれば、甘いにもほどがある」
「……そうですね。私もいつかどこかでそうだったのかもしれないわ。でも、今は守りたい者を守るためにあえて手を血に染める」

 血だらけの左側顔面。
 おそらく、♂クルセイダーの左目は、見えない。
 死角は左側。

「……守りたい者か……ならば、俺を殺すがいい。殺せるものならな」

 手負いの物とは思えぬスピードで♂クルセイダーは、♀WIZに走りよってくる。
 咄嗟にクァグマイアを唱え、ぬかるみに沈める。
 しかし、彼のシミターの勢いを落とすことはできず、なんとか避けたもののその長い髪を一房切り落とされた。

「なるほど……AGIWIZか。避けるはずだな」
「傷だらけの癖に……どこにそんな余力が……」

 ファイアーウォールを盾にして、また距離をとる
 ユピテルサンダーで距離をもっと取りたいが、あのグラリスを相手したときよりもこの♂クルセイダーは反応速度が速い。
 つまり、詠唱中に狙われることは必然。

「……殺せぬのなら、死ね」

 ♂クルセイダーは淡々と剣を振りかざす。
 それなら。

「ソウルストライク!!!」

 古代聖霊が、呼びかけに応じて♂クルセイダーを襲う。
 一瞬ひるんだ彼の足元をすり抜け、左側の死角に走る。

「アイスウォール!! アイスウォール!!」

 氷の氷壁を召還する魔法を二度唱え、彼を氷壁で挟み込んだ。

「なにっ?」

 氷壁自体には殺傷能力もない。
 しかし、このように挟み込むのには理由があった。

「焼き尽くせ、ファイアーウォールっっっ!!!!」

 簡易擬似ファイアピラーと呼ばれる、アイスウォールとファイアウォールを利用した技。
 その威力は、たとえ能力が下がった現在でもかなりのダメージを与えられるはずだ。

 炎がおさまり、氷壁が溶ける。

「……まだだ……まだ……」

 剣を持つ手が水蒸気を割り、♂クルセイダーが焼け爛れた半身を引きずり現れた。
 しかし、その足は先ほどの勢いはもうない。

「さよなら……」

 呟くように♀WIZはささやくと、ユピテルサンダーの詠唱を始めた。
 麗朗な詠唱と共に雷が♂クルセイダーを襲う。
 激しい勢いではじき飛ばされ♂クルセイダーは川に転落した。

 ♀WIZは川岸に走りよるが、♂クルセイダーの姿はそこに浮かんでは来なかった……。


<♀WIZ>
現在位置:D-5→D-4
所持品:ロザリオ(カードは刺さっていない)、クローキングマフラー、案内要員の鞄(DCカタール入)、島の秘密を書いた聖書、口紅

<♂クルセイダー>
現在位置:D-4から消息不明
髪型:csm:4j0h70g2
所持品:S2ブレストシミター(亀将軍挿し) ソード ナイフ(背に刺さったまま)
状態:左目の光を失う 脇腹に深い傷、背に刺し傷を負う
♂騎士との邂逅によりわずかに心が乱れるが、冷静さを取り戻す
♀WIZのJTにより川に突き落とされる(生死不明)



戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|