バトルROワイアル@Wiki 2-209

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

209.営巣 [2日目夜]


さく、  さく、
少女は柔らかい腐葉土を踏みしめて進む。
夜闇を見据える赤い瞳には力がみなぎり、口元には満足げな笑みを浮かべ。

「ふふ」

その足取りが止まり、下腹を優しくなでた。

「よい魔力じゃ。これならば夜明けには産めよう」

彼女は女王蜂。
その本質は人の王のように「他者を支配する」ことではなく、
「子を産み、その子らを統べる」ところにある。

眷属たる巨大昆虫がおらずとも、
魔力によって召喚することを封じられようとも、
男の精と命を取り込むことで子をなすことはできるのだ。

召喚に比べれば手間と生み出せる数において大幅に劣るが、質において劣るものではない。
そして生物としての本質である以上、魔力を封じたぐらいで奪える物でもない。

朝方に卵を産めば、昼前には孵化するだろう。
彼女にのみ従う、戦う力と多少の知恵を持つ子が。

「ふふふ、鷹ごときに負けるでないぞ?」

下腹に命の胎動を感じつつ、彼女は冷たく笑った。



戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|