バトルROワイアル@Wiki 2-230

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

230.ひとには言えない話 [2日目深夜]


暗く、見通しのきかない山中。
時として木々や斜面に月光もさえぎられ、方角を失う。
それでも♂プリはただひたすらまっすぐ歩いていた。

(ったく♂騎士の奴。どこまで行きやがった)
ヒールを連発しすぎたせいで頭がくらくらする。
じっとしていればそれなりに回復したのだろうが、そこは殴りの悲しさ。
歩いていてはほとんど回復しない。
そのうち歩くことそれ自体が目的になりそうだった。

ピ……ピ……ピ……ピ……ピ

やがて何か妙な音が聞こえ始める。
(疲れすぎで耳鳴りでもはじまったか?)
首輪から響く音の意味に♂プリは気付かなかった。

察しが悪いというのは酷だろう。
彼は♂騎士を追い、禁止区域のない北東へ向かっているつもりだったのだから。
ただ、暗い山中で思った方向へ進むことは想像以上に難しい。
林道の整備された山でさえときどき遭難が起きるのがその証拠である。
疲労で注意力が落ちていた♂プリは知らず知らずの内に道に迷い、いつの間にか禁止区域に近付いていた。

(クソ、うるせえな。今はンなこと気にしてる場合じゃねえんだ。♂騎士の奴を見つけて一発説教かまさねえと)
疲れ切った脳味噌には余分なことに考えを巡らすだけの余裕がない。

ピ、 ピ、 ピ、 ピ、 ピ、

あああうるせえうるせえうるせえっ
だまらねえとブチ食らわすぞコラあっ
何に何を食らわすと言うのか。
自分でもよくわからないが彼は両手をぶんがぶんがと振り回す。

ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、

うるせええええええええっ
それでも効果がないと見るや、今度は両手で耳を押さえたまま走りだした。
ただでさえ視界が悪いのにそんなことをすればどうなるか。
もちろんあっという間にバランスを崩す。
では道さえない山道でバランスを崩すとどうなるか。

♂プリの足がずるっと滑った。
「おおおっ!?」
前のめりにつんのめり、斜面を転げ落ちそうになる。
彼は反射的に残った足で強く地面を蹴った。
「なんのっ」
片手を地面につき、前回りにきれいなとんぼを切る。
足元の傾きも計算に入れ、着地のイメージもしっかりできていた。
ただ――回転方向に立木があることだけを見逃していた。

キンッ

肉体の激突音としてはあり得ないような高い金属音が♂プリの脳裏に響く。
「…………が……あ…………!?!!」
彼はそのままずるずると地面に落ち、ちょっと人には言いにくい場所を押さえて悶絶した。
男にしか分からない痛みと言う奴である。

「ぐ……ふ…、ふふ……」
十数秒後。身動きも出来ずにうずくまっていた彼の背が揺れ出した。
「ふ…ふははははははははっ!あ~~~~~~っ!!」
一声叫んでがばっと跳ね起き、股間を押さえてだんだんっと短く跳ねる。
「畜生やってられるかっ!俺はまだ一生貞潔守る気なんてねえんだっ」

ふ~は~ふ~は~
♂プリは荒い息を吐いて天を仰いだ。
そりゃ俺はそっち方向にも破戒僧だぜべらぼうめ。だからってこんな天罰はないんじゃねえか神様?
毒づきながらひょこひょこ歩き出す。

まさかつぶれてないよな?
こんな場合でもオトコとして『役に立つ』かどうか気になった。
となるととりあえず思い浮かぶのは♀Wizの顔。
ここ1ヶ月で一番の美人だし治療の時に肌も見た。
肝心の部分までは見てねえけどその方が色っぽいやまあそれはさておき。
ちと不謹慎だが緊急事態なんだ許してくれ♀Wiz…あいててて血が集まると痛えっ。

それでも♂騎士を捜すため、少々みっともない姿勢ながらも♂プリは歩き続ける。
だが彼は気付かなかった。
彼の苦痛のそもそもの原因となった首輪の音がいつの間にかとまっていることに。
転倒し悶絶したことで進む方向が変わっていたのだ。

与えられた苦痛が天罰ではなく天佑であったことを♂プリは知らない。


<♂プリースト>
現在地:不明(どこかの山中)
所持品:修道女のヴェール(マヤパープルc挿し) でっかいゼロピ 多めの食料 マイトスタッフ
外 見:逆毛(修道女のヴェール装備のため見えない) 怖い顔
備 考:殴りプリ ♂騎士を追いかけ単独行動
状 態:心身ともに極度の疲労。根性で体を動かしている。股間を強打




戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|