バトルROワイアル@Wiki 216

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

216.集中力向上


弓手は目を閉じ、ゆっくりと精神を集中させる。

弓を扱う者は決して心を乱してはならない。
どんな技術を持っていようと、射る者の気持ちに迷いがある限り、放たれる矢が目標に当たることは決して無い。
それは空しく空を切るのみに終わる。


目蓋の裏に彼は"最期の笑顔"を思い出していた。
彼は幸いにもこの狂ったゲームに巻き込まれながら、殺し合いに巻き込まれたのは数える程であった。

しかし、本来なら彼は最初のそれで死ぬはずだった。
理由は単純明快。
彼はその時強大な敵に対峙し、そしてとるべき行動を誤った。

戦場に於いて、判断力の欠如は死を意味する。
だが彼は死ななかった。
彼の死を、彼の大事な仲間が庇って、代わりに死んでいったから…。


『あんな過ち二度と繰り返してたまるか! 例え敵わなくても最後まで戦い抜いてやる!』

今一度、心に誓う。
そして

『俺達のこと見守っていてくれ!!』


既に火蓋が切って落とされた最後の戦いを前に、短い瞑想を終え目を開けようとしていた、その刹那

『アチャ君しっかりやりぃよ、またぼーっとしてたら承知せぇへんでっ』


「喰らえGM!ブランディッシュスピアァ!!」
それは、とある古城にて最も恐れられている誇り高き女騎兵――深淵の騎士子から放たれる必殺の一撃であると共に、
自分達の参戦への合図であった。

彼は矢筒から銀矢を二本取り出すと、それを強く握りしめゆっくりと弓に番える。

「「「行くぞ!!」」」

三人のかけ声が重なる。


彼に宿る信念の矢に、最早貫けぬものなど無い。


<♂アーチャー IA+集中力向上、初撃は秋菜へのDSを狙っている>

戻る 目次 進む
215 目次 217
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|