バトルROワイアル@Wiki 001

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

001.狂気の夜明け


 そこは、外界と隔離された空間だった。
 とはいっても、別に地中の洞穴であったり、絶海の孤島である訳ではない。
 有り体に言って、そこには外界への空間的繋がりの無い何処かであった。
 無論、そんなものが自然に存在する訳は無い。
 GM。神の御使い。様々に呼び習わされる何者かが、始まろうとしている狂った茶番の為に作り上げた箱庭だった。

「こんにちわっ、GM秋菜です♪今回、栄えあるイベント参加者に選ばれたみなさんには、突然ですが殺し合いをしてもらいます」

 白い服を着た女が、言う。
 その一言に、狭く、暗いホールの中に鮨詰めに座らされている、雑多な一団が大きくざわめいた。
 幼い姿の者。奇妙に痩せた男。気高い聖職者。力強い騎士。その他諸々。何一つ統一性はない。
 しかし、その顔という顔には一様に激しい困惑が浮かんでいた。

「えー、静かにしてくださいねーお願いしますー 説明中ですよっ」

 その言葉に、終に耐え切れられ無くなったのか、一人が立ち上がった。
 幼さを色濃く容姿に残した女性。まだぴかぴかの胸当てを付けた、ノービスであった。
 自分の前に居る面々を掻き分け掻き分け、秋菜と名乗った女の下へ進む。
 そして、詰め寄ると、困惑と、憤りが入り混じった表情を、涼しげな秋菜へと向けた。

「ふざけないでよっ!! いきなり…殺し合いなんて…」

 その言葉が、遺言となった。言葉を放った姿のまま、彼女は彫像のように動かなくなる。
 つう、と顎から、真っ赤な血が滴った。ずる、とその頭が、縦にずれた。

「静かにしないと、こんな風に、BANしちゃいますよー」

 言って、いつの間にかバルムンを抜いていた彼女は、奇妙な彫像をつん、と指先で押す。

 ずる。指で押された人型は。
 ずる。正中線に、体を左右に分ける綺麗な亀裂が入り。
 ずる。それは、徐々にずれていって。
 …びちゃ。音を立てて、前後対象に倒れた。

 会場のあちこちで、掠れた様な女性の悲鳴が、聞こえた。
 斑に染まったGMは、未だびくびくと痙攣する足元のものをためらい無く踏みながら、数歩、一団の方へと歩み寄る。

「またー、皆さんには、ゲームを始めるに当たって、食料、赤ぽ、地図、それから特製容器入りの物品二点入りの袋が与えられまーす。

 箱の中身は、武器だったり、便利な品物だったり色々でーす。役に立たないものも入ってるかもしれませーん。
 でも、そんな人は運が悪かったと思ってくださいねー。頑張って、人殺しに役立ててくださーい。
 それから、いきなり沢山死んだら面白くないので、皆さんには幾つかの組に分かれてもらって、
 組ごとに、別々の場所の、互いに少し離れた位置からゲームスタートとさせていただきまーす」
 ふと、思い出したかのように、秋菜が、ああ、と声を漏らす。ぽん、と手を叩き、たおやかに微笑む。

「それからー、逃げようとか、私達に逆らおう、なんて間違っても考えちゃいけませんよー?
今、貴方達のはめてある首輪には仕掛けがあって、そんな真似したら、即BANできるようになってますからっ」

 真っ赤なGMは、一度言葉を切り、丸眼鏡をくいと押し上げる。

「それじゃあ、ゲームスタートです。頑張って、殺し合いましょうー」

 参加者達を、闇ポータルの光が包み込む。
 狂気の始まりは、告げられた。


<♀ノービス死亡>

<残り50名>

目次 進む
目次 002
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|