バトルROワイアル@Wiki another2-20


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

No Title

チャプチャプと船底を水が叩く音が響いている。
ギィギィと船頭の漕ぐ小船は小砂利ばかりの川辺へと近づいていく。
男はフ、と一つ息を付くとジャリと音を立てながらその地へ降りた。
再びチャプチャプと静かな音を立てて小船は遠ざかっていく。

「死神も死んでしまえば只の人、か…」

♂クルセは自嘲気味に軽く笑うと自分の掌を見つめる。

「この手は汚れすぎている……願わくば…いや、叶わぬ夢か…」

死して尚、彼は救われる事はないのだろうか。
最愛の人の死。
救えなかった自分。
最後まで清らかだった彼女。
そして、最後の瞬間まで残酷だった神。
現世で死神と呼ばれた男は決して神に愛される事は無かった。
彼もまたその神を信じる事は無かった。
否、信じたくはなかった。

「神と言うのはどこまでも残酷だな…」

♂クルセイダーの頬を一筋の涙が通った。
現世では決して流れる事の無かった雫。
最愛の人は今如何しているのだろうか。
もう自分にはそれを知ることすら叶わなくなってしまった。
無力な自分とそれを知った現実に彼はただ涙した。

「ち…らしくない…らしくないな…」

♂クルセイダーはぐいと涙を拭うと彼方を見据える。
小砂利の川原に突き刺さっている一本の槍、それは彼が現世において相棒として扱っていた槍だった。

「さて…冥界の門とやらを叩きに行くか…」

死して尚、死神は戦い続けることを決意する。
神を許さない為に。
また、最愛の人に会う為に。

クルセイダー。
神に近しい存在であり、神に敬愛を受ける騎士。
神の啓示を代行し、また、来るべき聖戦へと備えるもの。
彼は最も神から遠いクルセイダーであり。
また、神に一番近いクルセイダーだったのかもしれない。


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|