バトルROワイアル@Wiki 2-264


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

264.ハプニング(三日目・午前)


「♀Wizさん、大丈夫ですか?顔色が悪いですよ?」
来た道を戻る形で北に向かう途中、♂シーフが♀Wizに問いかける。
勿論、これは♀Wizの指示であり『立ち止まる口実を作ってください』という事である。
イグドラシルの実の半分をもらい、かなり体力が回復しているが、それでも本調子には程遠いらしく、♂シーフの判断はごく自然なものであろう。
ただ、♂シーフは♀Wizがしんどそうにしているのを察し、少し体力を回復させた方が良いかもしれない、という判断もあったであろう。

さて、何故♀Wizがそんな指示を出したか、であるが。
至極、単純な事である。気になる廃屋を見つけただけである。
移動中であれば、気にも留めなかっただろうが、少しでも手掛かりが欲しい現状では、すがる思いであった。
――何か重要な情報が手にはいるかもしれない
確率的には低いとしても、その可能性を試したかったのだ。
そして、二人は『休憩』を取るためにその廃屋に入っていった。


(うわ……何だこの変な臭い……)
廃屋に立ちこめる酷い臭いは、二人の嗅覚を刺激した。
が、面目上は『休憩』であるから、変な声を上げるわけにはいかない。
♀Wizが地面を指して、口紅で文字を書く。
『これは腐敗臭です。死体があるかもしれません』
それを見て、♂シーフは体を震わした。
まさか、マーダラーの手が?
だが、その考えはすぐにかき消えた。
もし、このゲームでの死体であれば、ここまで酷い臭いになるはずがないからである。
じゃあ誰が?
♂シーフは近くにあったナイフ――それがグラディウスだと分かる――を手に取り、床に文字を掘り始めた。
「少し臭いですね……外で休みますか?」
『以前にここでゲームが行われ、その時のもの?』
♂シーフはカモフラージュとして喋りながら、本題を床に掘った。
「大丈夫ですよ。この程度なら、あまり気になりませんから。それより、シーフ君も休んだ方がいいのではないかしら?」
『かもしれません。調べてみる必要があります』
♂シーフの問いに答えつつ、本題に答えを出す。
『会話を途切らせない程度にお願いしますね』


(どうやら、ここは長い間使われていないらしいわね……)
♀Wizはそう思いつつ、寝室と思われる部屋を調べていた。
と言うのも、所々埃を被っていて、布団を調べた時なんかはあまりに埃が立ちこめてその場から離れたぐらいである。
家具なんかも使われてないのか、埃を被っているし、金属部品は錆びてる箇所も見受けられた。
(この腐敗臭はもう一つ向こうの部屋かしら……)
寝室には見るべきところはなく、もう一つ向こうの部屋に移動する。
ドアを開け、その瞬間酷い臭いに思わず咽せそうになった。
(酷い臭い……恐らく、死体はここにあるわね)
衣類を鼻にあて、廊下の窓を開けて息を吸い込んだ後、その部屋に入った。
書斎、だろうか。本棚がたくさんある。
案の場、そこに死体があった。
だが、♀Wizはその死体を見て思わず声を上げそうになった。
白を基調とした、威厳のある衣装――ぼろぼろになって威厳こそ失われているが――それは、あのGMジョーカーと同じ衣装であった。
細かい箇所は違うが、同じに違いない。
ならば、これは誰?
「♀Wizさん、大丈夫ですか?」
♂シーフの問いかけにはっとなり、先ほどの♂シーフが床に書いた問いを思い出した。
それと同時に、「大丈夫ですよ」と♀Wizが答える。
♀Wizは死体に近づき、調べてみることにした。
とは言っても、かなり日が経っているらしく、近づく事すら苦痛であった。
(恐らく、この死体はGMで間違いないでしょうね……)
ならば何故死体が?
(反乱があった?或いは、他のGM処分された?)
可能性としては、前者の方が高い。
GM同士で争うメリットは無いだろうし、何より死体を残す意味が分からない。
となれば――
そこで、♀Wizはある物に目を留めた。
金色に光る、大きい杖――
(これは……ウィザードスタッフ!?)
――ウィザードスタッフ――書物でしか見たことは無いが、吸血鬼や古の大魔導師が持っていたと言われる、とてつもない能力を秘めた秘宝、魔術師の神器とも呼ばれる物である。
恐らく、このGMは魔術師型。死体が腐っているので傷跡までは分からないが、衣服の状態からして、刃物による切傷、その大きさと床の黒ずんだ血からして出血多量、或いはショック死であろう。
♀Wizはウィザードスタッフを持ち、辺りを見渡し――♂シーフが手招きで呼んでいるのが見えた。
「♀Wizさん、これでも食べてください」
と、しかし本題は書棚の方を指していた。
何やら、空きスペースがあり、そこに小さいレバーがある。
『引いてみますか?』
適当な本に掘られた文章は、それである。
♀Wizはとっさに近くの本を手に取り、それに口紅でこう書いた。
「ありがとう。シーフ君も食べたらどう?」
『調べてから考えます』
と。
だが、ここで誤算が生じる。
偶然、レバーの隣にあった本が倒れ――不運にもレバーが入ってしまったのだ。
がちゃん。
「……!!」
二人はレバーの方を振り向いた。
これから、何かが起こるであろう事態に備えるために、準備している。
だが、やってきたのは敵ではない。
突然、床が抜けたのだ。
「え……!?」
「うわっ!?」
同時に声を上げ、逃げるように体を捻ったが、もう遅い。
二人の姿は床に吸い込まれるように消え、絶叫とともに、次第にその絶叫も消えていく。
「ぁ……ぁぁ……ぁぁぁぁぁああああああ!?」
どすんっ!
男女の悲壮な絶叫がし、痛そうな着地音と同時に♀Wizと♂シーフがそこに現れた。
どうやら、やや急な滑り台のようになっていたらしく、それが幸いして二人に怪我は無
い。
「っー……いたたた……」
♂シーフは左腕をさすりながら、辺りを見渡した。
無機質な、灰色の壁ばかりである。
真正面に道があるようであり、その先はT字路になっているらしかった。
「♀Wiz……さん?……大丈夫ですか?」
♀Wizは腰を痛そうに押さえながら、痛みに耐えてるようであった。
「……年のせいじゃないわよ?」
半ば脅すような低いトーンで♂シーフに言った。
いや、まだ何も……、と言おうとしたが飲み込んだ。
言ったら魔法が飛んでくるような気がしたからである。
「それはおいといて……どうやら、ここは地下室らしいわね」
先ほどの雰囲気を完全に消して、冷静に状況判断をする。
滑り落ちてきたのだから、地下だというのは容易に予測できる。
「どの辺なんですかね……地図で確認をし……てえええええええええ!?」
地図をみて位置を確認しようとした♂シーフは、突然叫んだ。
それにつられ、♀Wizは急いで地図を取り出し、確認しようとして――
「嘘っ!?」
♀Wizも相当驚いたらしく、声が裏返った。
地図には、自分たちの現在位置が無かったのだ。
それどころか、地図に書いてある島の図がまるまる消えていたのだ。
「どどど……じゃなくてどうなってるんですかこれ!?」
♂シーフは驚きでパニックになってるのか、やや呂律が回っていない。
「わ、私に聞かれても……って、シーフ君落ち着いて!」
♀Wizにしては珍しく、少々パニックになっているらしい。が、すぐに落ち着きを取り戻す。
『多分、ここは地下です。あと、筆談はもう意味がないかもしれません。』
♂シーフは、♀Wizの落ち着きに感化されたのか、次第に落ち着きを取り戻す。
同時に、♀Wizが口紅で書いた文章を見て、自分のミスでおかれた状況がとても深刻であることを理解した。
深呼吸を数回繰り返し、
「とにかく、進んでみましょう」
♂シーフは、このゲームで初めて得た得物を手に、言った。
「……それは?」
♀Wizは、♂シーフの右手に収まっている短剣を見やり、聞いた。
「さっきの所で拾ったんです。トリプルハリケーングラディウスですよ。七回精錬してあるみたいです」
そんな物が。恐らく、あそこであったであろう戦闘の名残、と言った所だろうか。
そんな事を考えながら、♀Wizは♂シーフの後ろにいる謎の物体に見つけ――
あれは……リムーバ!?
「シーフ君、隠れて!」
考える前に、言葉が出た。
その言葉に呼応するように、♂シーフはハイディングですぐに隠れる。
♀Wizはユピテルサンダーの呪文を詠唱し、魔力を込める。
そこで、♀Wizは一つの驚愕。
魔力を込める速さが、かなり速くなっているという点である。
自分が対峙した♂Wizには全く及ばないが、少なくとも自分で驚くほど効率的に魔力を込めることが出来ているのだ。
そして、ユピテルサンダーを放ったあとに二つめの驚愕。
威力が、地上の時と比べて格段に上がっているのだ。
事実、ユピテルサンダーの直撃を受けたリムーバは、感電のせいか動きがかなり鈍くなっている。痙攣しているようにも見えた。
一応、先ほど手に入れたウィザードスタッフを使っているが、それだけでここまではならないだろう。
ともなれば、答えは一つ。
(スキル制限が外れた!?)
それ以外に考えようがなかった。
それと同時にファイアーウォールを唱え、そこにリムーバが突っ込んだ。
一瞬の炎の乱舞。
だが、それでリムーバは崩れた。
これで、♀Wizは確信する。
間違いなく、スキル制限が外れている。
そして、ここから二つの推測が生まれた。
一つは、この空間では装置の影響を受けない可能性。
一つは、ウィザードスタッフが装置の影響を無効化させる物である可能性。
今の所、後者の可能性が高いと♀Wizは判断する。
が、ここがもしGM達の懐であるならば、前者である可能性も否定は出来なかった。
どちらにしろ希望が大きくなってきたのを♀Wizは感じていた。
(私の実力を存分の発揮できるのなら……ジョーカーを殺せる)
もちろん、ジョーカーの実力は未知数なのだが、♀Wizは自らを鼓舞する為に、また誓いを確認する意味でもそう確信させた。
そして、リムーバの惨状を目の当たりにし、呆然としている♂シーフ――ユピテルサンダーが放たれた時点で出てきたらしい―に近づき、
「大丈夫?」
と声をかけた。
♂シーフは、借りてきた猫のように、首を縦に振ることしか出来なかった。

<♂シーフ>
現在地:D-6→北か西の半島を目指す→謎の地下室?へ
所持品:多めの食料 +7トリプルハリケーングラディウス
容 姿:栗毛
備 考:ハイディング所持 盗作ローグ志望でちょっと頭が良い ♀Wizと同行

<♀WIZ>
現在地:D-6→北か西の半島を目指す→謎の地下室?へ
所持品:クローキングマフラー ロザリオ(カードは刺さっていない) 案内要員の鞄(DCカタール入) ウィザードスタッフ
容 姿:WIZデフォの銀色
備 考:LV99のAGIWIZ GMに復讐 ♂シーフと同行 年の事は聞かないでね?
状 態:容態安定。ただし全身に傷跡が残る。HPは半分ぐらい?希望が見えてきて気持ちが前向きに。

<リムーバ>
所在地:謎の地下室?
状態:JT→FWに突っ込んで即死






戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|