バトルROワイアル@Wiki 225

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

225.静かな日々の階段


「シャープシューティングッ」

地下洞窟に鋭く響く♂スナイパーの声。
手首のモンスター・スティングが数匹、放たれた矢に貫かれて沈む。

「うはぁ、さすが凄腕といわれるだけあるなぁ」

スナイパーとペアPTを組む♀クリエイターが微笑みをみせる。
♂スナイパーは黙って次の矢を取り出し周囲に警戒の視線を放つ。
♀クリエイターは暇を持て余すかのように白ポーションをお手玉のように放り投げた。

「そーいえば最近ここに篭りっきりだね?」

落ちてきた白ポーションをパシッと片手で弾くように回収しながら♀クリエイターが問う。
♂スナイパーはそっけなく「そんなことはないよ」と答えた。
♀クリエイターちょっと引っかかるものを感じて話題をひっぱろうと考える。
♂スナイパーはそれを見越していたのか珍しく自分から、やや諦めたように会話をなげた。

「昔… まだアーチャーだった頃に幻のような出来事があったんだ」

♂スナイパーは思う。きっと誰かにこの話を聞いてもらいたかったのかもな、ずっと…。

「あんさんの力…うちらに貸してくれへんか?」
♀アルケミストと♀セージに拾われてオレはこいつらと生きて帰る…、そう思った。

しかし生き残ったのはオレだけだった。
そう、生き残ったんだ…。

「ま、ちょっとした因縁てやつでさ…」

♂スナイパーが恐るべき速さで矢を放ちスティングをまた一匹貫いた。

「ちょっとしたヤバイ事に、な」

♀クリエイターは「ふ~ん、そうなんだ~、……ってヤバイことって何!?」と疑問を投げる。
♂スナイパーは「さぁな」と短く答えることを拒否する言葉を返す。

―生きろ。

ふと誰かの声が聞こえたような気がした…


<生き残り:♂アーチャー1名>

戻る 目次 次へ
224 目次  226
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|