バトルROワイアル@Wiki 2-284


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

284. 迷い道回り道 [3日目午前]

ひたひた、ひたひた

♀商人はただまっすぐに進む。
自分の足音に追われるようにして。

木漏れ日の作る影におびえ、
風の鳴る音に身をすくませながら。

後ろを振り返るのが怖い。
振り返ればさっきの化け物がすぐそこに居るような。

目的地があるわけでもないのに、足取りは次第に速くなる。

ひたひた、ひたひた

視線は前へ向いていても、意識は後ろにばかり向かって。
だから声を掛けられるまで気付くこともできなかった。

「おい」
「ひっ!?」

突然行く手の木陰から現れた人影に彼女は硬直する。
よろめくように数歩あとずさり、しかしそれ以上は足が止まった。
戻れば「あれ」がいるかもしれない。

前門の虎後門の狼。

カチカチと歯が鳴り、手のひらに嫌な汗が湧いた。
カートの取っ手を握り締めている指を一本ずつこじ開けるようにして開き、手袋を外す。
そして――そのまま投げつけた。

「おっと」

難なく避けた男は面白くもなさそうに鋭い視線を返す。

「またか。今度こそ決闘したいとか言うんじゃないよな?」

不機嫌そうな口調。
だがそれを聞いた途端に♀商人の顔がくしゃっと歪んだ。
手足の力が抜けて地べたに座り込む。

「お、おい?」

男はそれまでの仏頂面を崩して狼狽をあらわにした。
あまりにも思うようにならない運命に苛立ってはいたが、根は善人らしい。
♀商人は彼の名を呼んだ。

「♂騎士さん、だったよね」
「ああ。1人なのか?仲間はどうした」
「……」

彼女の目から滴がこぼれる。

「おい、泣くなよ!……まいったな……」

無言で涙を流し続ける彼女を、やはり♂騎士は見捨てることができそうになかった。


「そうか…たいへんだったな」

泣き声まじりにつっかえつっかえ事情を打ち明けると、♂騎士はため息をついた。

「…なんであんなことしちゃったんだろ」
「どうしてだろうな…」

♂騎士は♀商人の頭をなでようとするように右手を伸ばしかけ、途中で引っ込めた。
子ども扱いするのを避けたのだろうか。
別によかったのに。
そんなことを思っていると、彼はじっと自分の手を見つめながらつぶやいた。

「俺も同じだ。勝手に追い詰められて、気がついたら取り返しのつかないことをしてた」

その手で刺してしまった♂アルケミストのことだろう。
だがその独白は♀商人の心にも厳しく響く。
しゅんとなってうつむく彼女を見て♂騎士は慌ててフォローした。

「でもさ、お前はそれで誰か死なせたわけじゃないんだろ?だったら大丈夫。人の命以外で本当に取り返しのつかないことなんかない。やり直せるさ」
「…………」

反発は、感じた。
そんな簡単じゃない。他の誰かに言われたなら、例えそれが♂セージだったとしても言い返していただろう。
でも今の♀商人には言葉の裏にある苦いものが見えてしまった。
人の命以外で本当に取り返しのつかないことなんかない。やり直せるさ。
――俺とは違って。
♂騎士が口にしなかった言葉を噛み締め、彼女はゆっくりとうなずいた。

「考えてみる」
「それがいい。仲間達のところまで送ろう」
「ううん」

その申し出には首を振った。
いくらなんでも逃げ出してすぐに戻るのは恥ずかしい。
それに

「まだ戻らないほうがいいと思うの」
「プライドを気にしてる場合じゃないだろ」
「そんなことじゃなくて」

確かなんかあったはず。バラバラに行動した方がいい理由。
半分聞き流していた♂セージの言葉を一生懸命思い出す。

「何かわけでもあるのか?」
「え?えーっと♂セージさんがね、…あ」

言っちゃいけないんだっけ。
危ないところで♂セージのやっていたことを思い出し、しゃがみこんで土に文字を書きはじめる。

『なんか装置?探してるの。岬にあるんだって』
「どうした?」

突然の行動に♂騎士は怪訝な顔で覗き込む。
♀商人は適当にごまかした。

「えーっと、こっち、かな?だったと思うから」
「…ふうん。それで?」

文字を読みとった♂騎士は、その部分だけ地面に書いた理由がわからず不思議そうな声で訊く。

「たぶん他のみんな動けないし、このまま探しに行こうかなって」

彼女がそう言うと、♂騎士はあからさまに仕方ないなという顔でため息を吐いた。

「分かった。これも何かの縁だ、手伝おう」
「ありがと」

どうも戻る決心がついてないだけと思われてる気がする。
感謝を口にしながら♀商人は思った。
もちろんそれもある。でも、だからこそ少しでもみんなの役に立つことをしてから戻りたい。
彼女は地面への文字を書き足す。

『あと、声聞かれてるからしゃべっちゃだめなんだって』

それを読んだ♂騎士は素早く姿勢を低くして四方へ視線を飛ばした。
近くに誰も居ないのを確認して同じく文字で質問する。

『誰にだ?』
『GM』

短く返事を書いた瞬間、♂騎士ののどが奇妙な音を立てた。

『先に書けよ。危ないだろ』
『ごめん』

もうちょっと詳しく説明しなくちゃいけないかな?
あんまり自信ないんだけど。
いろいろ訊きたそうな♂騎士の様子に♀商人は首をかしげた。


<♂騎士>
現在地:E-6
所持品:S1少女の日記、カッツバルゲル、錐、カード帖(♀スパノビ遺品)
外見:深い赤の瞳
備考:GMの暗示を屈服させた?、混乱して♂ケミを殺害 心身の異常を自覚
   できれば♂ケミを弔いたい、誤解から♀Wiz達と小競り合いの末逃走
   ♀商人と同行 両手剣タイプ
状態:痛覚喪失? 体力は半分以下 精神は安定? 個体認識異常を脱する。
   必要とあらば殺すことを厭わなくなった?

<♀商人>
現在地:E-6
所持品:店売りサーベル、乳鉢いっぱい、カート、100万以上のゼニー 食料二食
容 姿:金髪ツインテール(カプラWと同じ)
備 考:割と戦闘型 メマーナイトあり? ♂セージに少し特別な感情が?
    ♂騎士と同行 嘘が大騒ぎになり自己嫌悪中 装置を探しに行く

<残り15名>

戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|