バトルROワイアル@Wiki 2-291


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


291.撤退戦・後

♀アコライトのまぶたから涙が流れ落ちる。
♂プリーストは死ぬだろう。♂スパノビも死ぬだろう。
それが、悲しい?
違う。
自分にその未来を変えるだけの力がない。
それが、たまらなく悔しいのだ。

♀マジは今もなお地面にのたうちまわって喘いでいた。
♂プリーストは言った。♀マジを連れて逃げろ、と。
逡巡する暇はない。
もしここで立ち止まって参戦したとしても勝ち目がない以上、一秒でも早く彼女と共に敵から逃げなくてはいけない。
いや、むしろ戦えば、比較的傷の浅い♀マジをさらに傷つける可能性もある。
仕方ない。
仕方ないけど……悲しい。
悲しいけれど、仕方ない。

「大丈夫? 意識はある?」
「う、はぁ、はぁっ……」
言葉にはなっていなかったが、首をわずかに縦に振る。
「背中を蹴られたよね。骨は大丈夫?」
こくり、こくり。二度首を縦に振る。
「すっごく、痛くて、いしきがとびそうに、なったけど、なんとか――」
「うん、もういいよ、大丈夫」
背骨が折れていれば、タンカのないこの状況では脱出は絶望的なのだが、そうでなければ希望はある。
「失礼するよ。痛かったら言ってね」
そう言って、♀マジを持ち上げてから背負う。
♀マジにはおデブ扱いされたが、こういうときのために体力をつけていて正解だった、と痛感する。
「大丈夫だね? なら――行くよ。速度……増加」
風の守護が♀アコを包み、人一人分担いでいるとは思えないほど体が軽くなる。
(ごめんなさい。そして――ありがとうございます。私は絶対、貴方達の分も生き延びてみせます)
ほんの少しだけ、♂プリースト達の方向を見る。
彼らは満身創痍ながらも、屈せずにモンスターに相対していた。
(本当に、本当に、ありがとうございましたっ――!!)
溢れそうになる涙を必死にこらえ。
♀アコは東へ向かって走り出した。


大声を出してマイトスタッフを振り回す♂プリの攻撃をよけながら、パピヨンは内心舌打ちをしていた。
敵を蹴散らしたところで、パピヨンは心躍っていたのだ。
なにしろ、敵には美味しそうな奴らばかりいたのだから。
♀wizと♀アコは色艶がよく、きっとその血は極上であっただろう。
♀マジと悪ケミは若干貧弱ではあったが、肌が今直ぐにでも突き刺して血を吸いたくなるほど白かった。
しかし、奴らは全員逃げてしまった。
残ったのは、汗臭い大男を泥臭い大男のみ。みるからにまずそうだ。
しかし、だからといって女達を追いかけていってしまっては、今もなお♂スパノビと交戦中のトモダチがやられてしまうかもしれない。
元々トモダチを守るために乱入したというのに、それを失ってしまっては本末転倒だからだ。
(ああああ、もう、イライラする!!)
血だらけになりながらも一向に倒れる様子のない男達もまた、パピヨンの苛立ちに拍車をかける。
お前らみたいな血を吸う価値もない肉塊なんて、とっととくたばってしまえ!!

パピヨンは自覚してはいなかったが、パピヨンは苛立つと同時に焦っていた。
どれだけ攻撃しても倒れる様子のない男達に阻まれ、パピヨンは未だにトモダチを救出できずにいる。
女から逃げられ、トモダチにも死なれては、なんのために乱入したのかわからない。
苛立ちと焦りはパピヨンの攻撃を雑にさせ、それによって戦闘が長引きさらに苛立ちと焦りを生む。
パピヨンは完全に不の悪循環に陥っていた。

体力はなく、気力もなく、それどころか命すらもほとんど残っていない。
しかし、♂プリーストにはただ、闘志のみが残っていた。
「うらうらうらぁっ!! どうしたこの虫畜生、かかってこいやあああああああっ!!!」

意識はなく、闘志もなく、それどこか正気も残っていない。
♂スパノビに残っているのは、戦闘の経験による条件反射と大事な人の言葉のみ。
(な…ま…を………)
いや、既に♂スパノビにはその大事な言葉を思い出すだけの正気すら失っていた。
しかし、その言葉の意味だけは、理解していた。
仲間を見つける。仲間を守る。そのために――戦う!!
♂スパノビは、寄生虫の殻に僅かに開いた隙間にスティレットを突き刺す。
プパを相手に何百回、何千回も繰り返した行為だ。
そして、そのときと同様に、なけなしの気力を開放させる!
「インベナム!!!」
シーフギルドに伝わる秘術により、スパノビからスティレットに伝わった気力が寄生虫の血の一部を毒に変換する。
決して強い毒ではないが、しかし弱くもない。
「グギャァァァァァァ!!」
体内を走る異物に寄生虫がのたうちまわる。
と同時に、♂スパノビが崩れ落ちた。
のたうちまわった寄生虫の鋭い顎が、スキルを使い隙をさらした♂スパノビの心臓を貫いたのだ。

(やっだ……やっだよ、ぼず……おで、なかまを、まもれた……)
命が飛び去る前のほんの一瞬だけ訪れた正気の思考で、♂スパノビは歓喜し、そのまま絶命した。

<♂スパノビ>
現在地:E-6
所持品:スティレット ガード ほお紅 装飾用ひまわり 古いカード帖 食料二食
スキル:速度増加 ヒール ニューマ ルアフ 解毒
外 見:巨漢 超強面だが頭が悪い
備 考:BOT症状発現? ♀BSの最期の命令に従っている 寄生虫を殺す
状 態:腹部に裂傷。右足膝、臀部、後背部を刺される。寄生虫の攻撃により死亡


<♂プリースト>
現在地:E-6
所持品:修道女のヴェール(マヤパープルc挿し) でっかいゼロピ 食料二食 マイトスタッフ
外見:逆毛(修道女のヴェール装備のため見えない) 怖い顔
備考:殴りプリ
状態:HPSP共に微回復。腹部を刺される。死を自覚した。


<♀アコライト&子犬>
現在地:E-6
容 姿:らぐ何コードcsf:4j0n8042
所持品:集中ポーション2個 子デザ&ペットフードいっぱい 食料二食
スキル:ヒール・速度増加・ブレッシング
備 考:殴りアコ(Int1)・方向オンチ 首輪と地図と禁止区域の関係を知る
状 態:多少の傷 SP微回復。♀マジを背負ってE6→F6方向へ移動


<♀マジ>
現在位置:E-6
所持品:真理の目隠し とんがり帽子 食料二食
容 姿:褐色の髪(ボブっぽいショート)
備 考:ボクっ子。スタイルにコンプレックス有り。氷雷マジ。異端学派。
   首輪と地図と禁止区域の関係を知る ♀ケミに敵意
状 態:足に軽い捻挫、普通に歩くのは問題無し。背中を思い切り蹴られるが意識あり。


<デビルチ>
現在地:D-6→E-6
所持品:+10スティックキャンディ トライデント(デビルチ用)
備 考:悪魔
状 態:瀕死。♂プリーストにさらに木に叩きつけられる。


<パピヨン>
現在地:E-6
備 考:ミストレスの魔力を一部継承 ミストレスの持つ虫達を統べるカリスマ継承 ノーマルより強い スピードも速い


<寄生虫>
現在地:E-6
外 見:ウンゴリアントの亜種
備 考:淫徒プリから孵る パピヨンに忠誠
状 態:ストームガスト一発直撃。インベナムにより毒状態。


<残り12名+4匹>

戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|