バトルROワイアル@Wiki 生きよう、折れた剣を杖にして

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

147(Ver NG)
生きよう、折れた剣を杖にして


 拝啓父上様、母上様。そして兄上に妹様。
 お元気ですか?僕は元気です。でも、これが皆様方に宛てる最後の手紙になりそうです。

 ああ、こんな書き出しから始まっているのに何ですが、心配は決してなさらないで下さい、と記します。
 例え、道の半ばで転んだとしても、きっと僕は立ち上がり、再び歩き出しますから
 約束を、交わしました。そして傍らには共に歩く、仲間が。騎士子さんが居ます。

 だから──
 俺は、涙を拭って立ち上がる。
 そして、頭上を見上げた。
 二度目の夕暮れが訪れた空は、金色に染まっている。
 そうさ、今は聖典のソレじゃないんだ。
 例え沈んでも──何度だって、何度だって暗い黄昏と冷たい夜を乗り越えて。
 又、日は上るじゃないか。

 諦める事はとっくに捨てた。甘くある事だって、捨て去った。
 俺は、諦めない。諦めてやるものか。

 空を見上げて、誓う。
 ハティーさえも退けて、何度でも上る日に賭けて誓う。

 俺は、俺達は。

「絶対に生き残ろう。絶対に生きて帰ろう」
 その為なら、泥だって啜ってやる。

 道は、示された。
 後は、その上を二人歩いていこう。

 手にした、折れた剣を杖にして。


目次 147.関連話
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|