※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SUSE10SP1にてJfreeChart等で日本語を表示する場合には、Javaのフォントの設定をしないとうまく日本語を表示してくれない。

ここではJava5で日本語を利用する場合の設定手順です。

  1. JDKのインストール
    インストールといっても自己解凍型であるのでSunのページよりダウンロードして実行するのみ
    (実行権限の付与は忘れずに!)
    ./jdk-1_5_0_15-linux-i586.bin
    Do you agree to the above license terms?[yes or no]
    許諾するかどうかの丹生y録を求められていますので[yes]と入力すれば自己解凍がはじまります
    
  2. フォントの場所の確認
    SUSEの使っているフォントはどこにあるでしょうか?
    ⇒/usr/X11R6/lib/X11/fonts/truetypeの配下にsazanami-gothic.ttf及びsazanami-mincho.ttfというファイルがあります。
    
  3. Java5への設定
    jdk1.5.0/jre/lib/fontsの配下に「fallback」というフォルダを作成する
    これはJavaに優先的に読ませたいフォントを置くフォルダ名として決まっています。
    この「fallback」フォルダに2で確認したフォントファイルのシンボリックリンクを置けば、日本語が表示されるようになります。
    設定方法は。。。。。
    #cd /usr/local/java5/jre/lib/fonts
    #mkdir fallback
    #cd fallback
    #ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/truetype/sazanami-gothic.ttf sazanami-gothic.ttf
    #ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/treutype/sazanami-mincho.ttf sazanami-mincho.ttf
    

以上でJava5での日本語表示の設定は完了です。