※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インストール条件&環境

Suse10 SP2
samba-3.2.4
ldappam

コンフィグ

#./configure --with-pam --with-ldapsam --with-syslog \
--with-ldap --with-ads --with-automount --with-smbmount \
--wiht-quotas --with-acl-support --with-winbind

make make install

#make
#make install

smb.confの作成

[global]
       dos chaarset            = CP932
       unix charset            = UTF-8
       display charset         = UTF-8
       passdb backend          = tdbsam

起動

Samba 3.2からいくつかのライブラリが分離された結果,Sambaの共有ライブラリへのパスが適切に設定されていないと,
smbdやnmbdを起動することができません。
そこで,/etc/ld.so.conf.dディレクトリに/usr/local/samba/libのパスを追加してから,
ldconfigコマンドを実行することで,/usr/local/samba/libを共有ライブラリの探索パスに追加することが可能です。 
起動確認
#/usr/local/samba/sbin/smbd -D
#/usr/local/samba/sbin/nmbd -D

SWATの設定

#cd /etc/xinetd.d/
#vi swat
service swat
{
       port            = 901
       socket_type     = stream
       wait            = no
       user            = root
       server          = /usr/local/samba/sbin/swat
       log_on_failure  += USERID
       disable         = no
} 
#/etc/init.d/xinetd restart
接続確認
http://host address:901/

自動起動

Sambaの設定

  • 基本設定
  • 共有設定

ldap設定