※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インストール環境&用意するファイル

Redhat4ES Update4
zaptel-1.4.12.1.tar.gz
*開放すべきポート
IP電話の制御を行うUDP4569番(IAX2)と5060番(SIP)、音声パケットのやり取りに使う10000~20000番(RTP)の3種類

インストール

#tar xvzf zaptel-1.4.12.tar.gz
#cd zaptel-1.4.12
#./configure
#make menuselect

Zaptel Module Selection
1.Kernel Modulesを選択
2.16のztdummyのみを選択する
3.xを押して保存してmenuselectを終了
#make
#make install
#make config

試しに起動して、正しくインストールできたかを確認し、システムの起動と共にzaptelが自動起動するように設定

#/etc/rc.d/init.d/zaptel start
#chkconfig zaptel on