※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インストール環境&用意するファイル

Redhat4ES Update4
asterisk-1.4.22.tar.gz
asterisk-sound-jp_14_beta.tar.gz
app_voicemail.c.081115-01.patch
say.c.081115-01.patch
asterisk-sound-jp_14.beta.tar.gz

インストール

途中までは、Zaptelのインストール手順とほぼ一緒です。
#tar xvzf asterisk-1.4.22.tar.gz
#cd asterisk-1.4.22
#./configure
#make menuselect
→ここでは、とりあえずデフォルトのままでxキーで抜ける。
 今後は必要のないモジュールや機能を削ることでメモリー消費量を節約できる。
Asteriskは海外製ソフトなので、日本語パッチを当てる
#patch -p0 < ../app_voicemail.c.081115-01.patch
#patch -p0 < ../say.c.081115-01.patch
#make
#make install
#make samples
#make config
設定
模範となる設定ファイルをコピーする
#cd /etc
#mv asterisk asterisk.bk
#mkdir asterisk
#cd asterisk
#cp /usr/local/src/conf-sample-1.4_01.tar.gz
#tar xvzf conf-sample-1.4_01.tar.gz
#mv conf-sample-1.4_01.tar.gz
日本語音声ファイルのインストール
⇒Voip-info.jpのサイトで無償で公開されているものを使用
#cd /var/lib/asterisk/sounds/
#cp /usr/local/src/asterisk-sound-jp_14_beta_tar_gz .
#tar xvzf asterisk-sound-jp_14_beta.tar.gz
#rm asterisk-sound-jp_14.beta.tar.gz
起動
#/etc/init.d/asterisk start
#asterisk -vvvvcr
専用のプロンプトが表示されればOK
asterisk*CLI>