※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

拠点間同士を内線でつなぐ

内線延長は、Asteriskの独自プロトコルである「IAX2」(Inter Asterisk eXchange version2)を使うことで容易実現できる。
ルータなどでポート・マッピングを行う際にはUDPの4569番を設定するだけ。

Asterisk1側の設定

IAXファイルである「iax.conf」に設定を追加
Asterisk1は、Asterisk2に対してREGISTER(登録)を行うことで、自分のIPアドレスAsterisk2に対して通知する

iax.confへ設定の追加(Asterisk1側)

....
....
;context=enum-in
{register => asterisk1:pass1@hoge.hogehoge.com
[201]
type=friend
.....
[209]
.....
.....
[asterisk2]
type=friend
username=asterisk2
secret=pass2
context=default
host=hoge.hogehog.com
disallow=all
allow=ulaw

iax.confへ設定の追加(Asterisk2側)

.....
.....
[209]
.....
[asterisk1]
type=friend
username=asterisk1
secret=pass1
context=default
host=dynamic     ⇒ 相手が動的IPアドレスの場合には、このように記述する
disallow=all
allow=ulaw

iax2をリロードする

#asterisk -vvvvcr
#hogehoge*CL1>iax2 reload

extensions.confの設定

ダイヤル・プレフィックスの設定
asterisk1側からasterisk2側に発信するための設定
exten => _82XXX,1,Dial(IAX2/asterisk1:pass1@hoge.hogehoge.com/${EXTEN})
exten => _82XXX,n,Hangup
;Hikari -Denwa Dial-out Sample
exten =>
exten =>
exten =>
asterisk2側からasterisk1側に発信するための設定
exten => _81XXX,1,Dial(IAX2/asterisk2:pass1@asterisk1/${EXTEN:2})

extensionsをリロードする

#asterisk -vvvvcr
#hogehoge*CL1>extensions reload