※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パッケージ管理システム設定
RPMパッケージのインストール・アンインストールを行うyumの初期設定を行う
# /etc/rc.d/init.d/yum-updatesd stop ← yum-updatesd停止
yum-updates を停止中:                                      [  OK  ]

停止理由としては、

  • デフォルトで1時間ごとにアップデートチェックを行うようになっており、手動によるパッケージインストールと競合するとインストールが失敗する
  • 大量にメモリを消費する(約10MB以上使用)

# yum -y remove yum-updatesd ← yum-updatesd削除

# yum -y install yum-fastestmirror ← fastestmirrorプラグインインストール
※インストールパッケージダウンロード時の最適ミラーサイトを自動選択するようにする

# yum -y update ← インストール済パッケージの一括アップデート
※こちらを実行することで大量のパッケージのダウンロード/アップデートを行うため時間がかかる
 ネットワーク環境を確認の上実行してください。

# yum -y install yum-cron ← yum-cronインストール

# /etc/rc.d/init.d/yum-cron start ← パッケージ自動更新起動
夜間 yum 更新の有効化中: [ OK ]

# chkconfig yum-cron on ← パッケージ自動更新自動起動設定