※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(専用実施権)
第七十七条  特許権者は、その特許権について専用実施権を設定することができる。
2  専用実施権者は、設定行為で定めた範囲内において、業としてその特許発明の実施をする権利を専有する。
3  専用実施権は、実施の事業とともにする場合、特許権者の承諾を得た場合及び相続その他の一般承継の場合に限り、移転することができる。
4  専用実施権者は、特許権者の承諾を得た場合に限り、その専用実施権について質権を設定し、又は他人に通常実施権を許諾することができる。
5  第七十三条の規定は、専用実施権に準用する。