※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第五条  特許庁長官、審判長又は審査官は、この法律の規定により手続をすべき期間を指定したときは、請求により又は職権で、その期間を延長することができる。
2  審判長は、この法律の規定により期日を指定したときは、請求により又は職権で、その期日を変更することができる。