大航海時代Online【ブリタニア島役場】 偉人列伝 エジプト

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アレキサンドリア

チュマン・ベイ

マムルーク朝最後のスルタン(皇帝)チュマン・ベイ2世(在1517年)、あるいはその先々代のチュマン・ベイ1世(在1501年)のどちらか。
マムルーク朝はカイロに首都を置き、エジプト一帯を支配していたイスラム王朝。後にオスマン帝国に滅ぼされた。

メフメト・シャルーク


カイロ

カーンサウフ

マムルーク朝末期のスルタン(在1498年~1500年)。
コーヒーがコーランの教えに反するとして禁止令を出した役人を、「わしはコーヒー好きだもん」という理由で処罰した実績がある。
オスマン帝国のセリム1世と戦い、戦死している。

GVO世界ではマムルーク朝は健在のようです。北アフリカ沿岸にマムルーク朝の艦隊がウロウロしてますしね。