大航海時代Online【ブリタニア島役場】 工芸職人育成計画

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クワイエットは言った。
「外堀を埋める人だね」

方針

基本は交易品生産。低ランクだと船部品は需要が微妙っぽい上に、レシピ持ちきれなくなる恐れがあるため。
スキル枠に余裕が無いので、採集もしない方向で。
それから移動距離は極力短く。船酔い防止のためです。

ちなみに私は鋳造+鉱石取引+工業品取引の人なので、Rank5以降はひたすら青銅像を造り続けて上げました。
暴落にさえ気をつければ鋳造と工芸を同時に上げられるので、お奨めのコースです。

使うレシピ

どうやら必須っぽい

Rank1~ 木材系追加装甲作成法 各国首都で購入
Rank2~ 酒造秘伝 ハンブルグで購入・カリアリに投資
Rank2~ 調味料大全 パルマで購入
木材系追加装甲作成法は、船大工ののこぎりがあれば無くても平気。

あると便利そう

Rank3~ 古今芸術指南書 カイロに投資
Rank5~ 職人の教練書 カンディアに投資
Rank8~ 熟練職人の教練書 ヤッファに投資

ランク別育成方法

Rank1

木材系追加装甲作成法
鉄材1木材1→シーダー板

採集品を使わないRank1レシピはこれだけっぽい。
船大工ののこぎり(工芸+1)があればここは飛ばして、さっさとRank2に進むが良いでしょう。
のこぎりが無い場合は、オスロで木材、ロンドンかアムステルダムで鉄材を買うことになると思います(ロンドンは要投資)。

Rank2

酒造秘伝
小麦4→ビール
ライ麦4→ビール

調味料大全
オリーブ1→オリーブ油

薬品商転職直後に、Rank1で船大工ののこぎりを装備。小麦120樽をビールに加工したらRank2になりました。のこぎりさえあれば、さっさとこの段階も抜け出せそうです。
効率が良さそうなのは東地中海を回ってオリーブ買い付け。ただし危険海域なので心臓に悪そうです。
安全海域なら、オポルト・セビリア往復小麦買出しツアー。

Rank3

酒造秘伝
小麦7→アクアビット
大麦8→ウォッカ

調味料大全
アーモンド3→アーモンド油

古今芸術指南書
木材1→木像

ここから本腰を入れることになりそうです。
オポルト・セビリアで小麦、リスボンでアーモンド、セウタで大麦。購入量が回復するようなら、セウタは省いても平気かな。アクアビットは(ウォッカも?)地中海で売れば名産品扱いなので、ある程度貯まってから売却が良さそうです。
工業品取引持ちとしては木像がおいしそうだけど、売ってるトコ遠いから見送り。

Rank4

酒造秘伝
ワイン2→ブランデー

調味料大全
干しリンゴ1→リンゴ酢

ワインはオポルト、セビリアで売っています。つまり、Rank3と同じ航路で良さそう。

Rank5

古今芸術指南書
青銅1→青銅像

酒造秘伝
ライ麦8→ウイスキー
小麦8→ウイスキー

職人の教練書
紙2→洋書

調味料大全
大麦2→ホワイトビネガー

北海に移動して、プリマス、ロンドンで青銅を買って青銅像造りに励むべし。合金精錬の書が使えれば、プリマスでは鉱石から青銅を造ることもできます。
ロンドンでは投資後に紙を売り出すので、ついでに洋書作りも良さそうです。
ちょっと寄り道すれば、アントワープで小麦、カレーで干しリンゴを買うことができます。
北海移動前に、東地中海投資ツアーに赴きましょう。

Rank6

このランクは特においしそうなレシピは見つからず。Rank5と同じで良いかと思われます。

Rank7

酒造秘伝
ワイン1→ワインビネガー

調味料大全
ワイン1→ワインビネガー

プリマス-ロンドン航路を続けるか、地中海に戻ってワイン産地を巡るか。

Rank8

熟練職人の教練書(ヤッファ投資)
銀2木材1→銀細工

オスロで木材、リューベックで銀を買えるけど、銀は取引スキルなしではたいした数買えなかった気がしています。効率悪そう。

Rank9

北欧神話の彫刻術
琥珀15青銅15木材40→ファフニール像
海事に人気のファフニール像はこのランクで造れるようになります。
琥珀はコペンハーゲンで、木材はオスロで、青銅はロンドンで。

Rank10

古今芸術指南書
石材1木材1→石像

石材も木材も、ある程度投資は必要になりますがオスロで揃います。工業品取引バンザイ。

とりあえず、10まで書いておけば大丈夫かな。
Rank7~9あたりが、適当な生産品がなくて辛そうな予感がします。
以上、自分用覚書でした。